⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

2017年は仮想通貨元年と呼ばれています。

その証拠に、仮想通貨の基軸通貨であるビットコインは、最近テレビでも特集されることが多く、世間の注目を集めるようになっています。

そうなると、今までビットコインを持っていない人がどんどん持つようになっていくと思いますが、ここで気になってくるのが、ビットコインをいくらで手に入れることができるのかということではないでしょうか?

そこで今回は、ビットコイン価格の相場について、詳しく見ていきたいと思います。

ビットコインとは何か?

ビットコインを一言でいうと・・・

ビットコインってよく耳にするけど、ちゃんと説明できる人はまだ少ないのではないでしょうか?

一言でビットコインで説明すると、、、

ズバリ!

『インターネット上にのみ存在する仮想の通貨』

ということになります。

仮想の通貨というくらいなので、実際にモノが存在するわけではなく、『通貨』想定したデータが存在しているということにななります

でも、「それって電子マネーと一緒じゃない???」と思う人も多いのではないでしょうか。

※電子マネーとは、「楽天Edy」や「nanaco」、「Webmoney」などを指します。

ビットコインは、2009年にSatoshi Nakamotoを名乗る人物が投稿した論文を元に仕組みが作られたと言われています。

たしかに、「ビットコイン=電子マネー」ととらえている人もいるようですが、ビットコインと電子マネーには決定的な違いがあるのです。

ここでは、大きな2つの違いについて挙げておきます。

1.

電子マネー:発行元や管理先が存在する

ビットコイン:発行責任者がいない

2.

電子マネー:現金への換金ができない

ビットコイン:現金への換金ができる

【お金】と【ビットコイン】とはどう違う?

ビットコインというのが、仮想上の通貨であるということはわかったと思います。

仮想というくらいなので、通貨と全く同じではないにしろ通貨を想定しているということは理解できるのではないでしょうか。

それでは、ビットコインと我々が普段使用しているお金にはどのような違いがあるのでしょう?

まず、電子マネーとビットコインの違いでも述べましたが、現金(紙幣)は中央銀行などが発行元として存在します。

しかしながら、ビットコインはというと中央銀行のような発行元が存在しないのです。

中央銀行のような特定の誰かに管理されたものではなく、IT技術をもった複数のプログラマーがお互いに管理することで、ビットコインの価値および正当性を保証しあっているのです。

さらにもう1つ、ビットコインとお金が違うポイントは、お金は中央銀行が新たにお金を刷ることができるので、刷り続ける限り無尽蔵に増やすことができてしまいますが、ビットコインは最大発行数量が2100万ビットコインとあらかじめ決められています。

あらためて、ビットコインのお金との違いをまとめてみると

『特定の管理組織が存在しない』

『最大発行数量があらかじめ決められている』

というのが、お金にはないビットコインの特徴となります。

ビットコインを何かに例えてみると・・・

上記のとおり、ビットコインはあくまでの電子データなので、紙幣や硬貨のように実態がありません。

ボランティアによる複数のプログラマーによって管理され、発行主体がなく一定量しか存在しないのです。

これって、何かに似ているなぁと思いませんか?

初めての人にとっては、特に理解しにくいビットコインですが、金や銀、プラチナをはじめとする貴金属をイメージすると理解しやすいと思います。

金や銀、プラチナをはじめとする貴金属は、金融商品の1つとして高値で取引されているのをご存知かと思います。

でも、これらの貴金属は、そもそもお金のように誰かが発行しているわけではないですよね?

地球上のどこかに埋蔵されているのを採掘し、それを取引しているわけですが、その埋蔵している絶対量は決まっていると言われています。

これはまさに、ビットコインと同じではないですか?

『金』に例えると非常に分かりやすいですが、人間が意図的に作りだしたものではなく、埋蔵している絶対量が決まっているため、絶対量が決まっている『金』というものに対して人間が価値を感じていることにより、高値で取引されているわけです。

これは、『金』だけでなく『ビットコイン』についてもまったく同じことが言えます。

最大発行数量が決まっている『ビットコイン』というものに対して、人間が価値を感じればその価格は上昇し、逆に価値を感じなければその価格は下がっていくのです。

2016年までのビットコイン相場の推移

ここからは、ビットコインが誕生してから2016年までの相場変動を見ていきます。

大きな価格変動がある時には必ず、何かしらの出来事が関係しています。

どういった出来事によってビットコインが値上がったり値下がったりしたのか、その推移を知ることで今後のビットコイン価格を予想する上で参考になると思います。

ビットコイン誕生

上記のとおり、ビットコインが誕生したのは2009年です。

あるひとつの論文をきっかけにして、一部の科学者やコンピュータマニアの間でシステムが作られていきました。

そのため、最初は「発行体や管理者のいない仮想の通貨」という新しい仕組みに興奮を抱いた一部のユーザーだけが使用するというものでした。

しかし、徐々に一部のユーザーがビットコインの売買をし始めると、次第にビットコインが世界中に流通するようになり、独自の価値を持つようになりました。

ビットコインによる最初の商取引は、2010年5月に行われました。

フロリダ在住のプログラマーが、軽いノリでピザ2枚を購入するために、

「ビットコイン1万枚とピザ2枚を交換してくれる人はいないか?」

とオンラインフォーラムで呼びかけたのです。

その結果、彼はピザ2枚の代金$25をビットコイン1万枚で支払い、無事にピザを購入することができました。

この時のビットコインの価格が、1ビットコイン=約0.2円です。

その後、ビットコイン決済を受け付けるショップや企業が登場することになり、決済手段としてビットコインを使用できる場所が徐々に増えていきます。

キプロス危機によるビットコイン価格急騰

ヨーロッパの「キプロス」という小さな国をご存知でしょうか?

あまり馴染みがないかもしれませんが、この国で発生したキプロス危機によって、ビットコインが価格を上昇させる転機となりました。

財政破たんの危機に瀕していたキプロス政府は、2013年3月に銀行預金を封鎖して、その顧客の預金の一部を税金として没収しようとしました。

大金を預けている投資家や資本家たちは、そのようなことを素直に受け入れるはずもなく、あわてて大切な資産をキプロス国外へ逃がす方法を探しました。

そこで彼らがたどり着いたのが、ビットコインでした。

つまり、彼らはキプロスの銀行に預金しておくよりも、ビットコインで保有していた方が安全安心だと考えたのです。

これまで述べてきたように、ビットコインは国や企業などの発行体が存在しないため、ある日突然、現金を引き出せなくなるようなこともなければ、国の財政破たんによって価値がゼロになることもありません。

この結果、キプロス国内でビットコインの需要が急増することになりました

そして、キプロスから大量に流れ込んだお金が、ビットコイン価格急騰の引き金となりました。

2012年12月末のビットコインの価格が1ビットコイン=約1000円でしたが、キプロス危機を迎えた2013年3月では1ビットコイン=5000円以上に値上がりしました。

このキプロス危機の経験から

「経済危機のときはビットコインの方が安全」

という認識が広く浸透していくことになります。

中国経済バブルとシルクロードの摘発で価格は最高潮に

過去に、最もビットコインを急騰させたのが、当時経済成長が著しかった中国から大量の中国マネーが流入した時です。

現在は運営を停止していますが、ビットコインチャイナという中国の仮想通貨取引所が取引量を増やしていき、流通するビットコイン全体の3分の1を扱う程の世界最大取引所に変貌を遂げました。

中国でビットコインが普及していった背景にも、上記のキプロス危機と同様に国に対する不信感があるとされています。

安全に資産を形成できる手段として、中国の富裕層が人民元よりもビットコインに目をつけたことで、一気に普及していきました。

ビットコイン決済に使えるお店が続々と出現したのも、中国国内におけるビットコイン需要を拡大させる要因となりました。

中国国内のインターネット検索サイト大手「バイドゥ」も、2013年10月にビットコイン決済を始めました。(その後、ビットコイン決済を停止しています)

さらに、時期を同じくして2013年10月に、「シルクロード」と呼ばれる闇サイトをアメリカのFBIが摘発したことも、アメリカ国内でビットコインが一気に広まり、業界のトピックとなりました。

ビットコインには匿名性という特徴があるため、秘密裏に取引を遂行したい反社会勢力には、このビットコイン決済というものが好都合とされています。

特に、この闇サイトであるシルクロードでは、決済手段がビットコインのみという仕組みになっていました。

そのため、このビットコイン決済を利用して、シルクロード内で世界中の麻薬が取引されていたのです。

FBI(米連邦捜査局)が捜査した結果、全部で3万ビットコイン、当時のレートで30億円分をシルクロードから押収しました。

また、シルクロードを運営していた29歳の若者は、なんと140億円分のビットコインを保有していたということで、ビットコイン普及を改めて実感させる事件となりました。

この2つの出来事による影響から、ビットコイン価格は急激に上昇させて、2013年12月に最高価格となる1ビットコイン=約110000円となりました。

最初の商取引では、1ビットコイン=約0.2円だったものが、たった3年程度で110000円、つまり約55万倍もの値上がりをみせて、世の中にビットコイン長者が多数輩出されたということで話題となりました。

中国政府のビットコイン規制によるバブル崩壊

③で人気に火がつき高騰したビットコイン価格ですが、その後のバブル崩壊のように一気に崩れ去りました。

中国人民銀行は、2013年12月5日に各金融機関に対して

「ビットコインを使用した金融サービスを禁止し、通貨として流通させない」

との声明を通達しました。

なぜなら、中国政府には、富裕層が国外へ資産を流出させ続けると、いずれは中国の国家基盤が揺らいでしまうとの危倶があったからです。

この中国政府の規制によって、ビットコイン価格が一気に急落することになります。

この声明から半月後の12月18日には、③でつけた最高価格の半値である1ビットコイン=約55000円まで落ち込みました。

下降傾向となるが安定の兆し

ビットコイン価格はその後、2014年から2015年の間は多少の上下はあるものの、トレンドとしては下降していきました。

ただ、この下降トレンドは、ビットコインという仮想通貨の価値がないとみなされたというわけではなく、過渡期を過ぎて安定期に入ったという見方が強いようです。

ちょうどこの頃は、日本でマウントゴックス事件で世界最大の取引所が破綻したりと、ビットコインに関するマイナス要因となる出来事などもあり、価格としては下落していきましたが、ビットコイン自体の取り扱いは世界中で増加傾向となり、徐々に普及の一途をたどることになりました。

このように、様々な問題が散見する中で、その問題に対する解決策も整備されるようになり、ビットコインで通常の買い物ができる機会がどんどん増えてきていました

※日本に住んでいると、ビットコインを日常で使用する姿が想像しにくいですが、アメリカをはじめとする海外では、ビットコイン決済できる機会はだいぶ増えてきていて、エンドユーザーがビットコインを利用する比率もどんどん高まっています。

ビットコイン半減期の到来とイギリスEU離脱危機で再度上昇中

下降トレンンドを続けていたビットコインですが、2015年の年末頃より再度上昇に転じていきました

今回の上昇の要因としては、「半減期の到来」が挙げられています。

さらに、最近では「イギリスEU離脱危機」によって、投資家たちが世界経済が混乱するかもしれないという危険を察して、ビットコインを大量に購入して上昇していきました。

このことからも、やはり「経済危機のときはビットコインが安全」という見方が、今でも有効に働いているように感じます。

2017年のビットコイン相場はどうなる?

上記のような価格推移を見せてきたビットコインですが、今年2017年はどうなっていくのでしょうか?

正解を出すことはもちろんできませんが、個人的に予測をしていきたいと思います。

2017年1月に過去最高価格更新!

2016年7月のビットコイン半減期を超えて、ビットコイン価格は2016年後半から2017年初旬にかけて一気に上昇していきました。

そしてついに、ビットコインの過去最高高値である1ビットコイン=110000円台を突破し、そのまま勢いはとまらず、1ビットコイン=150000円台にまで到達しました。

しかし、2017年1月中旬になると、価格が一気に急落していきました。

この急落の原因は、中国人民銀行から中国大手のビットコイン取引所が立ち入り検査を受けたことにより、一部のサービス停止や規制を受けるかもしれないというニュースが関係しているものとされています。

ビットコイン取引量が現在世界一の中国なので、中国に関するビットコイン関連のニュースは、ビットコイン価格にものすごく影響してきます。

今後のビットコイン価格の可能性

ビットコインの価格が、今後も値上がりが期待できるものかどうかは「ビットコインがますます普及して需要が高まるか」にかかっていますが、今後の可能性としてはいくつもパターンが考えられます。

ざっと考えられるケースを挙げると

①世界的にビットコインが普及し、世界共通の通貨として日常的に使用される

②日常的な使用は限定的だとしても、貴金属と同様に安定的な資産構築手段として利用される

③ビットコインを超える新しい仮想通貨が登場し、基軸通貨としてのポジションが置き換えられる

④ビットコインをはじめとする仮想通貨そのものが、これ以上普及することなく終わる

などがあります。

個人的な考えとしては、世界中で手軽にかつ安価に決済や送金ができるビットコインは、非常に便利なものなのでこれからもますます普及していくのではないかと思います。

現在使用している法定通貨の代わりとして、世界的に使われるかどうかは予想できませんが、今よりは間違いなくもっと浸透していくでしょうし、これまでに経験してきた急激な価格の乱高下は収まっていき、安定した価格推移になっていくのではないかと考えています。

ビットコインよりもさらに素晴らしい機能を備えた、新しい仮想通貨が登場してくるという可能性が今後ありますが、通貨としての決済および送金機能だけであればビットコインで十分なので、これまで培ってきたビットコイン普及を脅かすというところまではなかなかないのではと思っています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今年は仮想通貨元年と言われていることもあり、世界的な大事件が起こらない限りビットコイン価格が下落するということは考えられないかなと感じています。

さらには、Amazonでビットコイン決済が導入されたら、1ビットコイン=300000円を超えるという情報もありますので、楽しみに今後の価格推移を見守りたいと思います。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<


⇒ LINEグループに今すぐ参加する