⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

なんだかんだで、東京オリンピックの年まで近くなってきました。

このオリンピックはビットコインの相場にどう影響するのでしょうか。

非常に気になるところだと思います。

今回は、東京オリンピックまでにビットコインがどうなっていくか、まとめてみます。

仮想通貨について

テレビや新聞、雑誌などでも、少しずつですが、「仮想通貨」「ビットコイン」というキーワードを見かけるようになってきましたね。

でも、実際にちゃんと仮想通貨やビットコインについて知っている人ってどのぐらいいるんでしょう。なんか危ないとか、詐欺みたいだとか、怪しいなんて印象を持っている人たちもまだまだ多いようです。

こんな状況ではありますが、少しずつその印象も変化してきているようです。」

日本でも、2016年5月に、仮想通貨法ができてきて、国も仮想通貨の存在を、知らないではすまなくなってきた、認めてきたのです。

この仮想通貨、どれぐらいの数の仮想通貨が世の中にあるか知っていますか?

いま現在、700以上の仮想通貨が存在していると言われています。

この中で、ビットコインは、最も流通量が多く時価総額が高いので、信頼性も高い仮想通貨なのです。

ビットコインとは

ビットコインは、ブロックチェーンという技術を使っている、世界で最初の仮想通貨です。

日本の円や米ドル、ユーロのような法定通貨とは違い、国とか場所に縛られることなく、ネットを通じて、いつでもどこでも誰とでも、ビットコインのやりとりを行うことができます。

ビットコインは、いままで、海外へ送金したり、支払いの決済手段の方法として利用されてきましたが、その一方でここ数年は、投資の対象としても利用されています。

アメリカドルが、法定通貨の基軸通貨であるように、ビットコインは、仮想通貨の基軸通貨のポジションにあるといえます。

ビットコインは、日本円や米ドルのような硬貨や紙幣が存在するわけではなく、ユーザーがスマホやPCのウォレットで管理して、個人と個人の間で送金したり、買い物で支払い手段の一つとして使ったりできます。

ビットコインの単位はBTCです。

アメリカドルが1ドル、日本の円が1円というように、ビットコインは1BTCとよびます。デジタルのお金ですから、お金に「BTC」とか「B」とか表示されているわけではないんですね。

ビットコインの相場はオリンピックに向けてどうなるか

これから2020年のオリンピックに向かって、大勢の外国人が日本にやってきます。そこでこの外国人達にとって最も利用しやすい決済の方法は、ビットコインではないでしょうか。世界で共通の通貨であるからです。

増加するインバウンド

東京では、2020年のオリンピックに向かって、インバウンドを対象としてビットコインでの支払いをできるようにするための準備をもう始めています。

最近よく使われるようになってきた「インバウンド」という言葉ですが、意味は「到着する」とか「入ってくる」です。業界によってさまざまな使われ方をしますが、旅行の業界では、訪日外国人旅行のことを指します。

オリンピックの日程がせまってくるにつれ、このインバウンド、外国人観光客は間違いなく増加してくるでしょう。そうすると、この日本にやってくる外国人観光客を対象にビジネスをはじめる人も多く出てくるでしょう。

この外国人を相手にどのようなビジネスを行うかは、いろいろあるでしょうが、大切なことは、いろんな支払い決済の方法を準備しておくということです。

日本人はクレジットカードの保有率が高く、何枚ものカードを一人で持っている場合はよくあることです。しかし、外国ではカードを持っていない人がけっこういるようです。そんなカードを持っていない外国人にとっては、ビットコインでの支払いが出来るとしたら大変便利ですね。きっと日本にやってくる前に、ビットコインが使えるかどうかということもチェックしてくるでしょう。

このように考えると、ビットコインが使えないお店は、せっかくのチャンスを逃してしまうことになります。ですから、ビットコインでの決済を取り入れる店舗は増えてくるでしょうね。

ビットコインで支払いできる店が増えてくる

東京オリンピック目指して、ビットコインで支払いできる店はできてくるわけですが、現在でもすでにビットコインで支払いできる店は増加してきています。

対応できる店の数は、2016年で約4.5倍増え、2018年からは年ごとに倍増、さらに倍増となってくるのではという勢いです。どの店舗だって、せっかくのチャンスを見過ごしたくはないでしょうから。

ビットコインの優位性

クレジットカードより優位

クレジットカードとビットコインを比較してみましょう。

ビットコインの基本利用料は無料で、決済手数料は1%、クレジットカードよりも安いです。

日本にやってくる外国人の現金を持たない観光客にとって、ビットコインの支払いができることは間違いなく喜んでもらえるでしょう。また、店舗側にとっても、決済の手数料がクレジットカードの3分の1~5分の1になるということは、大変メリットがあります。

また、クレジットカードの場合は、利用日つまり商品を販売した日、サービスを提供した日から、実際に入金されるまでブランクがあるわけですが、ビットコインの場合は、商品サービス提供とほぼ同時の入金になるので、大変便利ですし、またリアルタイムなので価格変動のリスクもないのです。

このようにビットコインでの決済を導入するということは、メリットは多くてリスクが少ないですから、来るオリンピックにやってくるインバウンド訪日外国人観光客に向けて、ビットコインの決済を導入する店舗はますます増えてくるのは間違いないだろうと考えられます。

オリンピックが始まる頃には、日本でビットコインが使えるのは普通になっているかもしれませんね。

国のキャッシュレス化の取り組み

2020年オリンピックパラリンピック、東京での開催を前に、キャッシュレス決済を普及させることによって、決済の効率や利便性の向上をねらう内容が、2014年6月に閣議で決められた「日本再興戦略」の中に入れられました。

残念ながら電子決済という点においては、世界から見て日本は後進国ですが、このように、国も動き出して、少しでも欧米諸国に追いつくよう、キャッシュレス化を進めていっています。

経済産業省でのキャッシュレス化への取り組みがこちらです。

海外で発行のクレジットカード対応のATMを増やす

主なコンビニのATMにおいても、メガバンク同様に、海外で発行のクレジットカードでの現金(日本円)引き出しが可能になるよう順次対応していく予定です。

観光地や地方の商店街に決済端末の導入

商店街振興の補助金などを利用して、クレジットカードなどの決済端末を観光地や地方の商店街に導入させて、外国人観光客などがカードを使えるような環境を整える。

これまでに、全国で22か所の地方商店街で、決済端末の導入が決定しています。

オリンピックで、ビットコインの価格は?

東京オリンピックが始まれば、海外からの訪日外国人観光客はかなり増えて、いままでにないくらい外国人が街にあふれてくるのは間違いありません。

選手村付近には、ビットコインATMが何台も設置され、行列ができるでしょう。また周辺の飲食店、特に品川、銀座、六本木エリアでは、海外からの外国人であふれビットコインが当たり前のように使われるようになるんではないでしょうか。

いまの時点(2017年5月)では、まだまだビットコインが使える店は少ないですが、先日のニュースでもあったように、ビックカメラやリクルート系で使えるようになったとか、今後はどんどん増加していくことは間違いないでしょう。

また実際の店舗だけではなく、世界中で、オンラインショッピング、ネット通販などでもビットコイン決済が導入されていくことは確実でしょう。ショップの運営者からとってみれば、クレジットカード利用で負担していた決済手数料がほとんどかからなくなるのですから、その分費用から利益に転換することができ、必ずビットコインでの支払い、決済を導入していくでしょう。

このように、多くのインターネットでの買い物でビットコイン決済が導入されていけば、ビットコインの相場も上がっていくことは容易に想像できます。

オリンピックに向け、外国人旅行客が増えれば増えるほど、ビットコインを使いたいという需要は増え、クレジットカードに変わる新しい決済手段の一つとしてなるということです。

人々が必要とするものは、どんどん利用されて定着して価格も上がっていきます。

まとめ

オリンピックが近づくにつれ、訪日外国人が増えていく中、どのようにビットコインをめぐる環境が変わるのかを書いてみました。

自然に広まっていくというのとは別に、このオリンピックで外国人選手、観光客がビットコインを必要とする場面がこれから続くのです。

このような状況から、ビットコインの相場にも影響、価格はもちろん上がっていくことは間違いありません。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<


⇒ LINEグループに今すぐ参加する