⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

ビットコインを購入する際に、ビットコインを取り扱っている取引所にて購入するのが一般的です。

ビットコイン取引所については日本国内および海外にあり、代表的な取引所については世界に無数に存在します。

それぞれのビットコインを取引している取引所毎に、購入手数料などを紹介していきます。

取引所について

代表的な主要取引所を紹介し、比較をして行きます。

データについては、調査した時点のデータになります。最新の情報は各取引所のサイトにて各取引所サイトをご確認くださいね(^^)

日本の取引所

BitFlyer(ビットフライヤー)

BitFlyer(ビットフライヤー)は、2014年1月に設立されました。

2015年1月にリクルート及びGMOのファンドから約1億3千万、8月には電通デジタル・ホールディングス、三菱UFJキャピタルから約5億1千万円、2016年4月にはSBIから約30億円の資金調達を行っており、日本のビットコイン取引所会社の中では最大の資金力のある企業です。

販売がメインで営業していましたが2015年7月に、取引所がオープンしています。

特徴として、国内取引所としては早々にマルチシグネチャ導入し、豊富な資金力を活かしています。

また、セキュリティに最も力を入れ、安全面をとても強化しています。

coincheck(コインチェック)

coincheck(コインチェック)は2012年8月に設立され、現在、コインチェック株式会社と改名し運営されています。

もともと、Webメディア(storys.jp)を運営していた企業が、2014年8月にビットコイン事業として立ち上げた会社になります。

国内としては一番早く信用取引を導入した取引所として有名です。また、クレジットカードによる購入も可能になっています。

取り扱っている暗号通貨として、ビットコインを中心に、数多くの種類の暗号通貨を取り扱っている販売所としても有名です。

Zaif Exchange(ザイフ)

Zaif Exchange(ザイフ)は2014年6月に設立されました。

前身はビットコインのウォレットサービスを提供している個人運営していた「etwings」というビットコイン取引所を買収し、2015年3月に取引所サービスをスタートさせています。

同月に約1億円の資金到達、2016年5月には約7億2000千万円の資金調達を行っています。

最大の特徴であるマイナス手数料を提供しています。

取引を行えば行うほど、ユーザーに手数料は入るサービスです。

ビットコインの他にモナコインなど日本発の暗号通貨など人気の高い暗号通貨を取り扱っています。

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)は、2014年5月に設立された企業です。

販売所であるbitbank walletは、クレジットカードでビットコインを購入できるところが特徴です。

2015年7月には世界最大級の取引量である中国取引所のOKCoinと提携し、日本から同取引所上での取引が出来るようになりました。

2017年3月に、BTCJPYの自前の取引所(ビットバンク・ドットシーシー)が開設されています。

ビットコインのニュースサイトであるニュースBTCNも経営しており、取引所以外の取り組みも行っています。

Btcbox(BTCボックス)

Btcbox(BTCボックス)は2014年3月に設立された会社です。

2015年4月にJトラストとの資本業務提携を結び2億円の第三者割当増資行ない資本強化を行ないました。

国内の取引所の中で稼働している取引所の中で最も古く安定して稼働している企業と言えます。

国際版もあり、Ethereumなどのアルトコインについてのトレードを行うことが可能です。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、2014年5月に設立された取引所です。

2017年3月に取引所名をQUOINEXへと改称されました。
当初シンガポールで設立され稼働していましたが、2016年6月に本社が日本に移転されメインの機能も移転しました。

2014年11月には約2億4000万円の資金調達が完了し、2015年6月に国内の電子決済業者であるイーコンテクストと業務提携に合意しています。

その後2016年6月に更に約17億円の資金調達を行っています。

前の海外拠点での実績において、日本円、米ドルおよびその他多数の通貨とのビットコイン取引が可能で、他の暗号通貨であるイーサリアムも取り扱っています。

海外の取引所

Kraken(クラーケン)

Kraken(クラーケン)は2011年7月にアメリカカリフォルニアで設立されたアメリカの企業です。

世界最大のユーロ・ビットコインの取引量を持つ取引所になります。

2014年10月に日本に進出し、2015年7月に、日本の証券会社のマネーパートナーズグループと業務提携しています。

また、海外取引所の中でもセキュリティ面を特に強化している取引所です。

暗号通貨であるビットコインは勿論取り扱っていますが、他の暗号通貨であるイーサリアムなども取り扱っています。

取引内容について

実際の取引について、各取引所により異なります。

紹介した取引所の情報を項目別にまとめてみます。

日本円入金方法

日本円入金方法は以下の通りです。

BitFlyer (ビットフライヤー)   :銀行振込/コンビニ入金/ネット銀行/クレジットカード

coincheck(コインチェック)    :銀行振込/コンビニ入金/ネット銀行/クレジットカード

Zaif Exchange(ザイフ)      :銀行振込/コンビニ入金/ネット銀行/クレジットカード

bitbank(ビットバンク)      :銀行振込

Btcbox(BTCボックス)       :銀行振込

QUOINEX(コインエクスチェンジ)  :銀行振込

Kraken (クラーケン)       :銀行振込

提携銀行

提携銀行は以下の通りです。

BitFlyer (ビットフライヤー)   :三井住友銀行

coincheck(コインチェック)    :住信SBIネット銀行

Zaif Exchange(ザイフ)      :住信SBIネット銀行

bitbank(ビットバンク)      :住信SBIネット銀行/千葉銀行

Btcbox(BTCボックス)       :住信SBIネット銀行/ゆうちょ銀行

QUOINEX(コインエクスチェンジ)  :住信SBIネット銀行/東京スター銀行Kraken (クラー

ケン)       :三井住友銀行

現物取引手数料

現物取引手数料は以下の通りです。

BitFlyer (ビットフライヤー)   :0.01~0.15%

coincheck(コインチェック)    :0%

Zaif Exchange(ザイフ)      :-0.01%

bitbank(ビットバンク)      :-0.05~0.05%

Btcbox(BTCボックス)       :0.2%

QUOINEX(コインエクスチェンジ)  :0%

Kraken (クラーケン)       :0~0.16%

日本円出金手数料

日本円出金手数料は以下の通りです。

BitFlyer (ビットフライヤー)   :216円~756円

coincheck(コインチェック)    :400円~756円

Zaif Exchange(ザイフ)      :350円~756円

bitbank(ビットバンク)      :540円~756円

Btcbox(BTCボックス)       :5%(最低400円)

QUOINEX(コインエクスチェンジ)  :500円+金融関係手数料

Kraken (クラーケン)       :300円

ビットコイン出金手数料

ビットコイン出金手数料は以下の通りです。

BitFlyer (ビットフライヤー)   :0.0005 BTC

coincheck(コインチェック)    :0.0005 BTC

Zaif Exchange(ザイフ)      :0.0005 BTC

bitbank(ビットバンク)      :0.0005 BTC

Btcbox(BTCボックス)       :0.0001 BTC

QUOINEX(コインエクスチェンジ)  :なし

Kraken (クラーケン)       :0.0005 BTC

まとめ

主要となっているビットコイン取引所を比較してみました。

取引所毎に特徴があります。どの取引所が良いとか悪いとかは言えませんが、ご自分の取引スタイルによって一度利用してみて体験してみることをオススメします。

実際の取引は口座を作って、手を動かして見ないことにはわからないと思います。

ひとつ言えることは、やはりセキュリティを強化している取引所をオススメ致します。
ただ、セキュリティ面では、HPで公開している情報では入手できません。入手出来たらアウトですね(^^)

ちなみに、わたしはコインチェック、ザイフ、ビットフライヤーを利用しています。
是非お試し下さいね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<


⇒ LINEグループに今すぐ参加する