⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

ビットコイン相場について以前、短期チャートと長期チャートについて書いてみましたが、今回は長期チャートについてズームアップして書いて参ります。

また、チャート上の価格の急騰、下落についても解説していきます。

長期チャートから流れを読む

チャートを見ることによって、ビットコインの取引を見ることができます。チャートはとにかく見やすい。の一言です。

チャートに関して

ビットコインなどの暗号通貨の相場は非常に上下する幅が大きいのが特徴とも言えます。為替と比較すると一目瞭然ですね。

投資家の方の目線では、とても魅力的な市場であるようです。忘れてはいけないのが、儲かる人が居るということは、その逆の人が必ず居ることを忘れてはいけません。
儲けを出している人は、とてもラッキーな方か、チャートから予測を立てその通り行っている方だけなのです。

本気で儲けようとしている方であれば、長期チャートをよく理解することをお勧めします。

ビットコインの上下する理由

チャートと言えば株式、FXなどをイメージし易いと思います。このときに、上下する要因は必ず理由が存在しています。社会情勢、事件など何かの発表などで大きく変動します。

一方、ビットコインなどの暗号通貨ですが、同じように社会情勢もあるのですが、まだまだ小さな市場であることから、売り、買いによって変動しています。そこのバランスが何かの要因により崩れると、急騰、暴落したりするのです。

過去の要因

過去にビットコインの価格が大きく変動した現象がありました。

例えば、ギリシャの危機について記憶も新しいのではないでしょうか。

ギリシャ国内の金融機関が全て休業し、国内から資金の流出させない政策が取られ大変な混乱が生じました。しかし一部のギリシャの国民はビットコインをATMから現金化し資金を手にした人もおり、ほとんどの額のお金がビットコインに流れ、一時的にビットコインが高騰し、高騰した中でも多くの人々が購入を行いました。

このような高騰した状況でも、ギリシャの状況を理解した上でビットコインを売り、かなりの利益を得ることが出来たでしょう。

やはり、世界情勢にアンテナをしっかり張り、各国でもニュースあるいはビットコインニュースなどもチェックすることが、このチャンスを掴めるか掴めないかの違いになってきます。

チャート

チャートとは、過去のレートである値の動きを、グラフ化しています。
縦軸が価格、横軸が時間を表しており、口座開設したホームページから見ることが出来ます。

チャートはグラフ化しており、投資する対象の物の価格、相場の状況、流れがひと目で把握できます。
その流れをみて予測を立て取引を行っていきます。
ビットコインの投資取引するために、欠かすことのできないものがチャートになります。

長期チャートの特徴

一見、チャートで流れが見えますので、予測ができそうな感じがします。初心者の方であれば、そんなことを思いがちな発想ですが実際は違います。

やっている人が予測出来る人ばかりであれば、全ての人がお金持ちになっていることでしょう。

ビットコインでは、ストップ高とストップ安がない市場になります。

これは、一日にこれ以上高くなっては行けない、安くなっては行けない、という金額が株などはあります。

しっかりと見極めることが重要です。

いきなり大金をかけるよりも最初の内は少額から開始することをオススメします。

基本的なチャートが見られようになったら、次のキーワードのことを調べて見て下さい。

必ず役に立つはず!

・テクニカル指標
・ファンダメンタル分析

チャートの分析である仕方を理解することが肝要です。

基本的には、上昇トレンドのときは買い入れ、下降トレンドのときは売り入れる。です。

トレンドに逆らわないようにするために大きな流れをチャートで見切りましょう。

長期チャートは、チャートでの時間足を。例えば、週足、月足、年足など長い期間をみることです。

その特徴を捉え、大きな値動きはいつ起こるのかの予測が立ってくると思います。

ビットコインの長期チャート

ビットコインは当初、価値が全くつかないという時期がありました。

2011年に価格が上昇していることが分かります。

これは、ビットコインの価値が将来的に伸びてくるという予測し購入した人達がいたと言うことです。

更に低い状態が続きましたが2013年になりいきなり価値が上昇していきます。

この原因は、中国人による爆買いであると言われています。

更にその後、価格が低下して行きますが、2015年後半に再び上昇しました。これも当然、原因はありますね。

ビットコインは、まだまだ歴史の浅い暗号通貨です。その値の動きは売買開始当時からさかのぼってみることが出来ます。

値動きを見てみると、長い期間低迷していたものが急に値が高騰したのです。ここでなぜ急騰したのか、知りたいものです。この原因を知ることでチャートから未来の予想がつくことになるのです。

一度は安定期に入ったと言われましたが、その後の2014-2015年の間は更に下落を続けます。

これは安定期に入ったあらわれだと強い見方がありました。

また、この時期には世界中にビットコインが認知され普及が進んで行きました。

長期チャートの得意である大きな流れを見つけ、暗号通貨とりわけビットコインの利便性、安全性が認知されるにしたがって、値が上がっていくことがわかります。

日本ではまだビットコインが日常で使用されるシチュエーションが無いようです。しかし、ビットコインを交換するATMの導入、お店の利用でビットコインが使える店舗がどんどん増えているのは事実です。

ビットコインが暗号通貨として認知され全世界に普及してきた証拠なのです。

まとめ

暗号通貨であるビットコインは長期的に投資を続けるために重要なことは、チャートの見方が必須であることはご存知だと思います。

まずはチャートの見方を覚えましょう。

次には、過去の急騰した原因、下落した原因を知り、その原因は世界中の各国での社会情勢、事件になりますので、同じようなことが世界中に起こり得ると考えられます。

長期チャートで、具体的な価格変動の理由や根拠は調べる必要があります。

しかし、日本の取引所へ行くと、その原因となる情報が手に入ることでしょう。今後の値動きをみていくために必要な情報元となることでしょう。

その起きることがあるかどうか、アンテナを張り、定期的にネット上の情報を見るように意識しましょう。

同じようなことが見つかれば、それはチャンスであると言えます。

また、ビットコインを取り巻く環境が本当に凄いスピードで構築されている今、ビットコインを自分で所有し資産を構築することは勿論ですが使って見ることで案外見えなかったところを見えてくると思います。

そこから、急騰、下落の要因が見えてくるのです。

長期チャートの見方をマスターすれば、大きなチャートの流れがつかめることになり、投資にて増やしやすくなります。

まだまだ、ビットコインは上昇します。今現在も上昇し続けているのです。

2017年5月10現在、なんと20万円を超える価格がついています。

はっきり言って、今が買いです。

チャートの勉強をしながら、1年後、2年後を見据え、ただビットコインを保有し値上がりするのを待つもの賢い判断のひとつです。

投資を考えている方は、是非、この時期、今しかない時期に購入をされることが、投資としても良いことになります。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<


⇒ LINEグループに今すぐ参加する