⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

ビットコインが今後消滅する可能性はあるのでしょうか?について書いていきます。

背景

ビットコイン(Bitcoin)は、仮想通貨(暗号通貨)の始まりであり、圧倒的人気を誇る仮想通貨(暗号通貨)です。仮想通貨(暗号通貨)を知っている人であれば、知らないという人はいないでしょう。

しかし仮想通貨(暗号通貨)の中でビットコイン(Bitcoin)が人気になっていますが、日本人からは

・怪しい!

・危険だ!

・詐欺だ!

などの声が多く聞こえて来るのはなぜでしょうか?

それは、日本人特有の「よく知らない」=「怪しい」という決めつけに他ならないと考えられます。

ビットコイン(Bitcoin)が詐欺ではないことは世界情勢を見れば、一目瞭然なのですが、知ろうとしない、勉強しない。よって、よくわからない。マイナスの噂ばかりが頭に残っている。ことが原因で起こっていることは事実です。

それでも、勉強している人(これを読まれている貴方)は、一歩も二歩も進んで、ビットコイン(Bitcoin)を購入し、実際に買い物または、投資をしていることでしょう。

しかし、購入をしてみたものの、今後の不安はつきものだと思います。

ビットコイン(Bitcoin)が公開され早8年が過ぎ、価格は2016年から6万円から17万円の約3倍もの金額になりました。

急騰振りには凄さばかりが表面に出てきますが、不安もあるのでしょうか。

ということで『ビットコインが今後消滅する可能性はある?』について書いていきます。

ビットコインとは

ビットコイン(Bitcoin)について、ちょっと説明をさせて頂きます。

市場公開されてから今年で8年が経ちました。世界の有名企業での決済手段として導入されています。

世界的に有名な企業は、マイクロソフト、デルコンピュータ、RAKUTENなど。

日本では、DMMドットコム、ビックカメラで既に導入されており、急激に増加の一途をたどり、飲食店、エステサロン、語学教室、レンタル会社、ホテル、歯医者、家電量販店などなど、増え続けています。

ビットコイン(Bitcoin)の価格は、上ったり下がったりを繰り返し不安定ではありますが、確実に高騰の一途を辿っています。

これは、金と同様の価値を持たせた結果です。金は当然、埋蔵量が決まっており常に必要とされ、どんどん希少価値が出てきており価格は上昇し続けています。

これはビットコイン(Bitcoin)も同様に、発行枚数には制限があり、人々が必要とされればされる程、価格が上昇します。全く同じですね。

ビットコインの事情について

ビットコイン(Bitcoin)はハードフォークの話では有名ですが、アメリカにおいて証券取引委員会(SEC)がビットコイン(Bitcoin)を上場投資信託(ETF)の認可申請の却下は、ビットコイン(Bitcoin)の急成長に水を差すような出来事です。

一般的にこのような情報を聞くと、不安になったり、ダメだと思ったりする人が多いと思います。

この仮想通貨(暗号通貨)の急激な変動に対して違和感を覚える人は少なくないと思いますが、1990年代に日本でバブル時代がありました。そして弾けた。ことがあるのを覚えています。

まさに、今年は仮想通貨(暗号通貨)のバブル期だと思います。しかし、ただのバブルではなく、世界規模で起こっているバブルなのです。

それも最新鋭のネットワークの技術を使って、人々にとって、簡単に便利な仮想通貨(暗号通貨)なのです。

ビットコイン(Bitcoin)は、確かに問題を抱えていることは確かです。しかし、その問題を改善している仮想通貨(暗号通貨)がどんどん開発が進んでいることを忘れてはいけません。

ビットコイン(Bitcoin)の問題は大きく3点あります。

認証時間の問題

スケーラビリティでブロックサイズの制限があるため、認証するまでに数十分かかります。

また、一日に最大の取引件数が604、800件と決まっているため、約1秒間に7取引が限界であるということです。

現在、取引は1秒間に5取引されているため、処理には問題はありませんが、今後、需要が増加の一途を辿っている状況を踏まえると、取引する時間に遅延が発生する可能性が高くなります。

取引時間が遅延をすると、仮想通貨(暗号通貨)のメリットである「瞬間に送金される」ことが遅くなってしまいます。

しかし、既に市場公開されているのイーサリアム(時価総額ランキング2位)は、POS(プルーフ・オブ・ステーク)方式を採用しており、瞬時に処理が可能になっています。
ちなみに、ビットコイン(Bitcoin)は、POW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用しています。

運営元の問題

ビットコイン(Bitcoin)の現在までに8年間かかり、世界中に広がりをみせていますが、インターネットの時代8年間かかるのはちょっと遅すぎると思いませんか?

なんと、ビットコイン(Bitcoin)は発売元、運営元が存在していません。

発売元、運営元が存在していれば、ここまでの期間を要することは無かったでしょう。

インフラの整備、広告を出すことにより世の中の認知度を高め利用者を増やす。ことが出来たと思います。

まさに、ビットコイン(Bitcoin)は、世界中の賛同した人々の善意によって整備されたものになります。

環境破壊の問題

ビットコイン(Bitcoin)は総量が決められており、取引を承認することで、少しずつビットコイン(Bitcoin)をマイニングしながら市場にビットコイン(Bitcoin)が増える方式を取っています。

このマイニングを行うためには非常に複雑な計算を行う必要があるため、スーパーコンピューターを使用してマイニングを行っています。

そのスーパーコンピューターで使う電力が凄く必要になっています。中国のとあるマイニング工場では、月に8万ドル(1000万円)で、年間1000億円もかかっています。これは環境破壊にもつながっています。

ビットコインは何者?

ビットコイン(Bitcoin)は人によって色々な解釈があります。認識が大きく異なります。

ある人は「ビットコイン(Bitcoin)は金(ゴールド)だ」といい、

ある人は「ビットコイン(Bitcoin)は決済ネットワークだ」といい、

また、ある人は「ビットコイン(Bitcoin)は世界の金融インフラだ」といいます。

5年後にビットコインの存在?

「5年後にビットコイン(Bitcoin)は存在しない」と語ったのは、CNET創業者である、現BitreserveCEOのハルシー・マイナー氏。

なぜこのような発言をしたのか?当然ネット上では反発を受けることになったが、ビットコイン(Bitcoin)のことをネットワーク上の「触媒」と捉えています。

ビットコイン(Bitcoin)は後進国にとって金融機関の代わりの金融インフラとなりうる可能性が高い。

マイナー氏はビットコイン(Bitcoin)をより広範的に使われる技術として見ている。

「ビットコイン(Bitcoin)が消える」というのはビットコイン(Bitcoin)が無くなることではなく、またブロックチェーン技術がなくなる。ことではなく。ビットコイン(Bitcoin)が強力な金融インフラとして、インターネット上に存在するが、それを意識することなく使用できる、普遍化の存在になりうると考えている。

ビットコイン(Bitcoin)は、多くのニーズと潜在的にも可能性が大きくあり、ブロックチェーンは他の分野でも有効活用できる革新的な技術である。と認めている。

ビットコインの価格について

ビットコイン(Bitcoin)の価格は、日々もの凄い勢いで、高騰、暴落を続けてながら、今の価格まで確実に登りつめています。

この高騰ぶりを見ると通貨と比べると、数パーセント変動しただけで大騒ぎになりますので、同じレベルで比較ができません。

この比べようのないものを無理して比較している多くの人は、ビットコイン(Bitcoin)は先が不安定、見えない、暴落すると消滅するなど考えてしまうようです。

ビットコイン(Bitcoin)を持っている人は、暴落すると買い時。高騰すると売り時と考え、売買をして資産を構築しています。

日本にもビットコイン(Bitcoin)が2016年からATMが設置され、お店の導入店がどんどん増えている現状を無視して、ビットコイン(Bitcoin)が無くなることは考えづらいと言えます。

国の規制について

ビットコイン(Bitcoin)を国で規制することは、殆ど皆無であると考えます。

例えば、中国は、中国の中央銀行である中華人民銀行による決済業者、その他企業へのビットコイン取引を禁止にしたにも関わらず、依然としてビットコイン(Bitcoin)取引は盛んです。

日本では、仮想通貨法が4月より施行されています。これは、まだまだ法規制としてはこれから厳しくなっていくことでしょう。

今後の新しい仮想通貨について

ビットコイン(Bitcoin)の存在が消滅する可能性

一番可能性が高い要因として、ビットコイン(Bitcoin)の代わりになる、より使いやすく、より便利、より安定している新しい仮想通貨(暗号通貨)の登場と考えられる。

ビットコイン(Bitcoin)は、初代仮想通貨(暗号通貨)であるため、色々な問題を抱えています。

その問題も既に解消されている仮想通貨(暗号通貨)が続々と登場しています。

このように技術はどんどん進歩の一途を辿っています。

初代より2代、2代より3代・・・と、更に使いやすくなり普及することでしょう。

まとめ

世界中でますますビットコイン(Bitcoin)の需要が上がる現状を踏まえ、2017年中に1ビットコイン(Bitcoin)が20万、30万円と価格が上昇し続けるであろうと予測されています。

これは単なる予測ではなく、原因が明確にあることは忘れてはいけません。

まとめますと、ビットコイン(Bitcoin)自体、問題は抱えているにせよ、消滅することはない。と言い切れます。

まだまだ価格が高騰し続けているビットコイン(Bitcoin)、これは世界中の人々が必要と使われている証拠です。

2017年は仮想通貨(暗号通貨)バブル元年と言われているくらい、値の高騰が激しい年になりそうです。

ビットコイン(Bitcoin)を購入し参加しましょう。仮想通貨(暗号通貨)バブルに乗って行きましょう。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<


⇒ LINEグループに今すぐ参加する