⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

ビットコイン(Bitcoin)の税金は、どのように回収されるのか?考えて見ました。

ビットコイン(Bitcoin)の税金

ビットコイン(Bitcoin)の税金(tax)は?

いくら税金を支払わなければいけないのか?

支払わなくともよいのか?

ビットコイン(Bitcoin)だけに限らず、仮想通貨(暗号通貨)のキャピタル・ゲイン(capital gain)による利益は、譲渡所得になり支払う義務が発生することになっています。

譲渡所得とは継続性がない所得と云う意味です。

仮想通貨(暗号通貨)の取引について、一定額の控除額があります。

年間50万円以下の利益であれば、税金は払わなくても大丈夫です。

仮想通貨(暗号通貨)の金額が低いもの、または年間利益が50万円を超えることがないケースは申告が不要になります。

年間の利益を50万円以下に抑えることによっても税金が不要になります。

ちなみに、ビットコイン(Bitcoin)の保有期間によって税金の規定が異なります。

保有期間が5年以内であれば短期譲渡所得となり、5年を超えている場合は長期譲渡所得になります。

短期譲渡所得とは、手数料などを考慮した売買益から特別控除額を引いた金額が課税所得になります。
長期譲渡所得とは、売買益から特別控除額を引いた値の半分の金額が課税所得となります。

長期譲渡所得の方が遥かに税金になるための金額が有利になります(^^)

場合によりますが、ビットコイン(Bitcoin)4年している場合、含み利益がわかっているとき、利益を確定させるのは保有期間を5年超えてからにした方が節税できるといえます。

また、ビットコイン(Bitcoin)のレートの変動には注意が必要です。

その時によって、リスクになりますので注意が必要です。

長期譲渡所得であれば税制面で大きなメリットがあると理解できます。覚えておくと良いでしょう。

税率は20.315%であり、為替取引の場合と全く税率となります。

ビットコイン(Bitcoin)税制の今後

現在、ビットコイン(Bitcoin)はモノとみなされているため、今後、円やドルと同じような役割で通貨としての役割になることは十分考えられます。その場合、仮想通貨(暗号通貨)の税制が改定されると思われます。

法整備は始まったばかりですので、今後の動向を見守りましょう。

ビットコイン(Bitcoin)はモノである定義をされていますが、金と同様の価値があるという話しもある通り、貴金属などに類似されていくことが予測できます。

貴金属の税制で金を例えると、

金を売買すると、現物の売買益は譲渡所得や雑所得に分類されます。

ですが、金投資口座における売買益は、金融取引の一環であると見なされ20.315%の税金が源泉分離課税されます。

この金の例を踏まえるとビットコイン(Bitcoin)についても金と同じに仮定すると投資目的とみなし、源泉分離課税されると思います。近い将来そのようになると思います(^^)

通貨とみなされればFX取引などと同様に申告分離課税対象の雑所得になる可能性もあります。

今後のビットコイン(Bitcoin)投資を考えると、FXよりも有利な税制が維持されるのかどうか、要注意だと思います。

ビットコイン(Bitcoin)はFX取引より有利なのか?

ビットコイン(Bitcoin)取引とFX取引を比べると、まだまだ市場がまだまだ整備途中であり、法整備もまだまだ進んで行くでしょう。

税制面からFX取引と比べると、まだまだ不十分でFX取引よりも有利な投資であると言えます。

FX取引における売買益は20万円を超えると申告義務及び税金がかかってきます。

それに対して、ビットコイン(Bitcoin)の売買益は50万円を超えると申告義務と税金を支払う必要が出てきます。

逆をいうと、ビットコイン(Bitcoin)の売買益が50万円までであれば、無税ということです。

ビットコイン(Bitcoin)の法整備はまだまだこれから

ビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨(暗号通貨)の法整備は、まだまだこれからと言えます。

現在の法定通貨で課せられる税金が仮想通貨(暗号通貨)であれば節税が出来る可能性があります。つまり、仮想通貨(暗号通貨)は節税対策として検討している企業が増えています。

今の所、節税できる税金は、「所得税」、「法人税」、「相続税」、「消費税」がよく知られています。

法定通貨(紙幣)による収入が発生した場合、当然所得税が発生しますが、ビットコイン(Bitcoin)の場合、通貨ではなくモノとして扱われるため、トレードによる利益が発生しない限り所得としてみられません。つまり、所得税は発生しないことになります。

ただ、仮想通貨(暗号通貨)の売却、交換の頻度によって利益が発生した場合、所得区分の取り扱いが変わります。営利目的のトレードにて利益が発生すると所得とみなされ所得税が発生することになります。このようなケースを知っていた方が節税対策につながります。

ビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨(暗号通貨)で物品を購入した場合は、どうなるのでしょうか。

支払いのとき、仮想通貨評価額が入手時の物品を上回っている場合の差額が利益分とみなされます。
つまり、課税対象になると考えられています。

消費税に関しては法律による規定はありませんが非課税の規定等も満たしてないため、国内でトレードを行って利益が発生した分の利益は消費税が課せられます。

法人の場合、仮想通貨(暗号通貨)に関わる企業会計基準が定まることで課税所得が発生します。

相続税については仮想通貨(暗号通貨)が相続財産として扱えるかどうか今の所、課税の検討課題です。近い将来、課税の対象になることは間違いないでしょう。

その他

2017年4月1日より、仮想通貨(暗号通貨)の取引所が登録制になったことにより、本人確認書類の提出が義務付けられました。

これは、取引所が金融機関(銀行)と同じ位置付けになったことを意味します。

つまり、全ての取引内容が国へ報告されることになったという事です。それも法整備の一環です。
隠し事ができない。ことになります。

消費者から見てみると信用性の国が認めた取引所しかなくなり安心できると思います。

しかし国に管理されることが付いてきます。

これによる効果もあり、仮想通貨(暗号通貨)に対しての不安感、怪しい感が一掃されるのだと思います。

2017年4月7日には、大手家電量販店である「ビックカメラ」がビットコイン(Bitcoin)決済を開始しました。外国人観光客が対象であるような感がありますが、日本人も仮想通貨(暗号通貨)を持ち使うことで良さがわかると思います。それがわかると、どんどん仮想通貨(暗号通貨)が使われ日本円のやり取りすることが少なくなることは間違いありません。

まとめ

ビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨(暗号通貨)自体に税金はかかりません。

購入時と売却時の差額で利益が発生している分について50万円を超えるものから税金の対象となります。

年間50万円以上の利益分から確定申告が必要になると言うことです。

まだまだ、浸透していない仮想通貨(暗号通貨)ですが、今後持つ人が急上昇して行くことでしょう。

持つ人が増えれば増えるほど、法整備も進み、税金を取る方法が生み出されていきます。
これは間違いありません。

最近のニュースでもありましたが、今年の秋に三菱東京UFJ銀行から一般向けの仮想通貨(暗号通貨)として公開される「MUFGコイン」の発表がありました。

これで一気に身近な仮想通貨(暗号通貨)として広まることでしょう。その後みずほ銀行のみずほマネーも出されるようです。

ビットコイン(Bitcoin)は2017年4月末に14万円まで高騰しています。

今年は仮想通貨(暗号通貨)の話題には乗り遅れないようにした方がよいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<


⇒ LINEグループに今すぐ参加する