⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

仮想通貨元年と呼ばれている2017年。

その仮想通貨の中でも、群を抜いた知名度と取引量を誇るものといえばビットコイン。

名前ぐらいはどこかで見聞きしているのではないでしょうか?

そんなビットコインですが、送金や決済という点において利便性があるということはもちろんのこと、投資の観点からも注目を集めているのです。

現在、ビットコインを保有している人の大半は、投資目的と言っても過言ではないと思います。

その投資法にはいろいろなものがありますが、まだ仮想通貨の歴史は浅くこれからも新しい投資法が出てくるものと予想されます。

将来的に見ても、投資対象として非常に有望な仮想通貨ですが、今回は主にビットコインに関する投資方法についてみていきたいと思います。

ビットコインの概要

ビットコインのメリット

ビットコインは、あらかじめ最大発行数量が2100万BTCと決まっています。

金などの貴金属のように、限りある資源というものに対して多くの人たちが売買をするため、ビットコインが普及して需要が上がれば上がるほど価値も上がっていきます。

その証拠として、ビットコインが誕生した当初と比較してみると、2017年4月現在、約130万倍という考えられない価格の上昇を遂げています。

この点が、何と言ってもビットコインに代表される仮想通貨投資における最大のメリットとなっています。

また、ビットコインは、リスクヘッジのための金融商品としても注目されています。

ビットコインは、発行元や管理元が存在しないため、法定通貨のように特定の国家や銀行に依存することがありません。

法定通貨は、発行元である国家の信用によって価値が保証されていますが、もし金融危機などに陥ってしまえばその国家の信用がなくなるわけですから、自ずとその通貨の価値は暴落してしまいます。

そういう意味においては、ビットコインはどの国家の金融危機などにも一切関係がないので、資産価値を守る上で保有するという人も海外ではかなりいるようです。

過去にはキプロスショックや、昨年のイギリスのEU離脱などが報じられた時には、ビットコインの価格が上昇していますので、金融危機とビットコインの価格には連動性があるように思います。

ビットコインのデメリット

では反対に、ビットコインのデメリットは何があるでしょうか。

ビットコインの根幹でもあるブロックチェーンの技術はとても優れているので、ハッキングや改ざんをされる心配はまずありません。

ビットコインの誕生からここまで、その仕組みにおいて何か技術的な欠陥が指摘されたという声はまったくといっていいほど聞きません。

それでは、ビットコインはまったく心配いらないのかというと、別のリスクが実は存在していて、それが何かというと取引所のリスクです。

ビットコイン自体のシステムとしては、セキュリテイに問題はないのですが、投資をしていくうえで利用することになる取引所がハッキングされたというケースがいくつかあります。

ビットコイン投資をするにはビットコインを入手する必要がありますが、最も手軽に利用できるのが取引所なので、頻繁に利用していくことになります。

その際、どうしても一時的にビットコインを取引所の自分専用のウォレットに預けることになります。

タイミング悪くビットコインを預けていた状態で、その取引所がハッキング被害に遭ってしまったら、基本的にはその預けていたビットコインは戻ってきません。

一番有名なものとしては、2014年2月に発生した「マウントゴックス事件」なのですが、ビットコインについて詳しくない人でも、このニュースを見聞きした人は大勢いるのではないでしょうか?

この事件から得た教訓としては、信頼のおける取引所で取引をすることと、ビットコインを取引所に預けておく時間は極力少なくするということです。

最初に誕生した仮想通貨のビットコインですら、まだ10年にも満たないというここまでの仮想通貨の歴史なので、まだ発展途上の段階です。

そのため、ビットコインはちゃんと自分のウォレットで管理するなど、保管方法についても十分に注意をする必要があります。

仮想通貨関連の投資方法

ビットコインを長期的に保有

ビットコインの投資をしていくえで最もポピュラーなものとしては、ひたすら長期間保有してキャピタルゲインを狙うという方法になると思います。

つまりビットコインの売買における価格差で稼ぐわけですが、法定通貨の場合と比べるとリスクが少ないにもかかわらず、考えられないほど大きなリターンを得る可能性も秘めています。

もちろん、将来のことは誰にもわからないのでリスクがまったくないというわけではないですが、ビットコインはまだまだ普及段階にあります。

そのため、長期的に見れば少なからず今よりもビットコイン価格が上昇して、利益が得られるという可能性は高いのではないでしょうか?

しかも、この方法に関しては、ビットコインについてそれほど深く知っておく必要もありません。

ビットコイン価格が安い時期に買って、高い時期に売るだけというシンプルなものですので、ある程度の仕組みを理解しておけば、比較的気軽に始められるので取り組みやすいと思います。

まだ一度もビットコインを入手したことがない人は、まず取引所にアカウント作成をして、ビットコインの売買に慣れるというところから始めてみてください。

ビットコインの短期売買

ビットコインを長期間寝かせることなく短期間で稼いでいきたい方は、デイトレードをするのはいかがでしょうか?

FXや株式投資と同じように、1日に何回も取引して利益を得るという方法です。

法定通貨や株式とは違って、ビットコインは価格変動率が1日の中でかなり大きいので、うまくいけば1日で大きく稼ぐこともできると思います。

また、ビットコインの取引は休みなく365日24時間いつでもできるというのがメリットとなっています。

当たり前ですが、大きく稼げるということは、反対に大きく損をする可能性もあるということだけは忘れずに、取引をするようにしましょう。

ビットコインではなく他の仮想通貨を保有する

仮想通貨=ビットコインという図式が成り立つくらい、ビットコインは飛び抜けて知られていますが、、実はその他にも仮想通貨はわかっているだけで軽く1000種類以上はあるのです。

そこで、「ビットコイン長者」の二番煎じを狙うべく、ビットコイン以外の仮想通貨を購入(両替)して保有しておくという手もあります。

すでに、ある程度の知名度があるビットコインで、これから億万長者を目指そうと思うと、それなりのビットコインを保有する必要があると思います。

そういうことなら、これから大幅に値上がりをしそうな他の仮想通貨を購入(両替)して、値上がりするまで寝かしておくのも、ひとつの方法です。

ただし、その仮想通貨が将来値上がりするかどうかは、開発者の信用度や技術的な裏付けなど、様々な観点からよく吟味しておく必要があります。

「この仮想通貨を今購入したら、必ず儲かるよ!」などという単なる周囲の声に乗せられて購入(両替)してしまうのはよくありません。

自分であらゆる角度から十分に調べて、自分の中で確信が持てたら購入(両替)すべきだと考えます。

新しく誕生する仮想通貨のプレセールを狙う

実は、仮想通貨は毎日のように新しいコインが誕生しているのですが、最近の流れとしては、市場への一般公開の前にプレセールを実施することがよくあります。

プレセールでは、購入(両替)者に対して有利なレートで新しい仮想通貨を発行することで、一般公開へ向けたその仮想通貨の研究費や開発費、そして広告費を調達しています。

その仮想通貨の発行元や開発者側としては、自己資金をあまり投じることなく資金調達ができるというメリットがあります。

反対に、その仮想通貨を購入(両替)する側としては、一般公開後にその仮想通貨が認められて需要が高まり、取引される価格が上がれば上がるほど、大きな利益を手にすることができます。

この方法であれば、ビットコイン長者のようになるのも夢ではないので、現状の仮想通貨投資として最もおいしい方法だと思います。

ただし、95%以上の仮想通貨は詐欺目的だとも言われているので、上でも述べたようにその仮想通貨について様々な観点からよく調べてから投資をする必要があります。

HYIP案件に投資

個人的には、ちょっと危険すぎて積極的におすすめできないのが、「HYIP投資」というものになります。

High Yield Investment Programの頭文字をとってHYIP(ハイプ)と読み、高収益プログラムと日本語訳されています。

インターネット上では、昨年末あたりからかなりにぎわっています。

HYIP案件は、日利が1%だったり時利が0.1%というような信じられないような高配当をうたっているものばかりで、その中にはそのような案件んで実際に稼いでいる人もいます。

しかし、このような案件は長続きすることなく破綻するものばかりなので、投資金をすべて回収できない危険性が十分にあります。

HYIP案件のすべてが詐欺だというわけではないですが、素人目から見て安全な投資先を見抜くことは難しいのではないでしょうか。

実際問題として、そのHYIP案件の安全性について100%検証できる方法はなく、投資というよりも投機に近くなる感じだと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

これから、ビットコイン投資をしていくうえで大事なことは、何よりもまずは知識を十分に深めることです。

中途半端な知識で投資をしてしまうと、大きな損失を被ることにもなりかねません。

自分の大切な資産を増やしていくのが目的ですから、焦らず自分に合った投資法を見つけてみてはいかがでしょうか?

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<


⇒ LINEグループに今すぐ参加する