⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

ビットコインの話題を新聞やテレビで見かけることも少しずつ増えてきました。

ビックカメラやリクルートが支払い手段としてビットコインを導入など、一般の普通の人も目にする機会が増えてきたので、よしビットコインをやってみようという人も増えてくるでしょうね。

そんなとき、どこでビットコインを手に入れたらいいのか。

コンビニでビットコインを手に入れられたら便利だと思いませんか?

今回は、ビットコインの基本的なことと、どうやったらコンビニでビットコインを手に入れることができるのか、書いていきたいと思います。

ビットコインについて

仮想通貨とは

ビットコインの前に、まずは仮想通貨についてです。

仮想通貨と聞くと、大丈夫なの?危ないんじゃないの?なんだか怪しい。信用できない、なんて印象を抱いている人がいまだにいるかもしれません。

でもここのところ、仮想通貨は、そのイメージが急速に変化してきているようです。

例えば、2016年5月には、日本でも仮想通貨に関する法律が出来上がりました。国にとっても見過ごすことのできないものになってきたということですね。

日本円やユーロや米ドルのような法定通貨と同じように、支払い決済の手段として利用されるようになってきたというわけです。

実際、仮想通貨と言われるものがどれくらいあるかご存知ですか?

いまの時点で、実に700種類ものの仮想通貨があると言われていますが、ビットコインはその中でも一番多く流通していて、時価総額も信頼性も一番高い仮想通貨なのです。

ビットコインとは

ビットコインとは世界初の仮想通貨(暗号通貨)です。

ネットを通して、いつでもどこでも誰でも、ビットコイン同士の送金したり、受信したりすることができます。

買い物をするときの支払い手段として使われたり、海外へお金を送る必要があるときに利用されています。

価格が上昇したり下がったりとよく動くので、最近では、投資の対象にもなっています。

通貨としての単位は、BTCです。

日本だったら1円、アメリカだったら1ドルというように、ビットコインの場合は1BTCとなります。

現実のお金であるアメリカのドルや日本円のような、コインや紙幣はありません。

そこで、利用者はiPhoneやAndroidなどのスマホで、ウォレットや取引所のアプリを使ってビットコインを取り扱うのです。

海外へお金を送ったり、ショッピングに使うには、アプリからの操作で簡単に行うことができます。

時代は進化したなとつくづく感じますね。

海外への送金が銀行に比べてとにかくはやい

ビットコインを使うと、海外への送金が便利です。

海外へお金を送るときに銀行を経由すると実際にお金が届くのに1~2週間かかることもあります。そしてその手続きができるのは銀行の営業時間内のみです。

一方、ビットコインはほんの10分程度で海外へお金が届くことが可能です。また、24時間いつでも送ることが出来ます。

送金手数料が驚くほど安い

送金手数料もビットコインを利用すると、安く送ることができます。

例えば、銀行で海外への送金を行うと、手数料は、送金先が先進国の場合、数千円、新興国の場合20%から40%程度と非常に高額です。

では、ビットコインはどうかというと、わずか10円から200円程度と、銀行にくらべ非常に安く送金することが可能です。

限られているから価値が上がっていく

金(きん)とビットコインは実は似ているところがあります。

金は量が限られていて、ビットコインは発行枚数が決まっています。
ですから、人々が必要とすればするほど、価格は上がっていきます。

ビットコインをコンビニで購入することは可能?

日本でも代表的なビットコイン取引所「コインチェック」では、ビットコインをコンビニで購入することが可能です。

厳密にいうと、ビットコインをコンビニで購入するのではなく、コンビニで、コインチェックに日本円を入金し、コインチェックで日本円からビットコインに交換するという流れになります。

この一連の流れが、コンビニ店内でたったの数分で終わります。
大変便利になりました。

私も最初のころは、コインチェックの指定銀行口座に自分の口座から振込での入金をしていたのですが、一度このコンビニ入金をしてからは、こちらの方が便利なので、もう銀行からの振り込みはしていません。

コンビニ利用ばっかりです。

コンビニ支払いでの入金方法

コンビニでの支払いは、3千円から受付可能です。

なお、1回あたりの金額の上限は299,500円になっています。

一日あたりの上限金額は特にないようです。

私は、最初60万円を入金しようとしましたが、この上限に引っかかり出来なかったので、2回に分けてやりました。

たとえば、ファミリーマートでやる場合ですが、手数料がかかり、実際にファミリーマートのレジで払う金額は、30万円ちょうどになります。

SMS認証、本人確認

コンビニ支払いを使うには、二つの認証が必要になります。

ひとつは電話番号でのSMS認証、もう一つは本人確認です。

どちらもコインチェック内から登録することができます。

コンビニ入金を選択、情報を入力

SMS認証と本人確認が終わったら、

メニューで「日本円を入金する」の中から、

「コンビニ入金」を選択します。

入金したい金額と、氏名、電話番号、メールアドレスなどの必要な情報を入力して、下にある「決済申請」ボタンをクリックします。

ボタンをクリックすると、支払先であるコンビニを選択する画面に切り替わります。

決済番号の取得と決済コンビニの選択

決済申請のボタンを押し、支払うコンビニを選択する画面が表れたら、利用するコンビニを選びます。

希望のコンビニを、左の欄の丸をクリックして選択します。

例)ファミリーマートの場合

ファミリーマートにチェックを入れて、「次に」ボタンをクリックします。

次の画面で、金額と、企業コード、注文番号が、案内されます。

コンビニに行く

ここからコンビニ店内の端末を使用します。

ファミリーマートの場合は、店頭の端末Famiポートで、画面の指示通り操作をして、「Famiポート申し込み券」を出します。

発券されたら、申し込み券をレジに持っていき、支払います。

最初に上の方で書きましたが、1回あたりの金額の上限は299,500円です。

レジでの支払いが終わると、コインチェックへの入金を、スマホのウォレットアプリで確認できます。

いままでに、何回かコンビニ入金をしていますが、割とはやく入金が反映します。

コンビニから出るころにはもう入金されていたこともあります。

一回やってみれば、わかりますが、とにかく便利です。

ここまでで、コインチェックへの日本円の入金が完了になりますので、あとはウォレットのアプリでビットコインに交換します。

アプリのメニューから「ビットコイン購入」を選択。

「コインを買う」の下に、複数の仮想通貨が並んでいますが、ビットコインが最初から選択されています。

ビットコイン購入なので、ここはいじらず、そのまま、下の数量の欄に必要な金額分の数字を入力して、その下の「購入する」ボタンをクリックで、完了です。

こうやって文字にすると、長くてややこしそうに見えるかもしれませんが、実際にはパパッと手軽にできてしまいます。

短時間でビットコインを購入することができるので、急ぐ時には役に立ちますよ。

まとめ

いつの間にか、コンビニの店内にいながら、コンビニで支払って取引所へ入金、取引所(コインチェック)のアプリでビットコインの購入、と、ここまで出来るようになっていました。

いったい、いつから始まっていたんでしょうかね。

ものすごい便利になったと思います。

あとは、コンビニで何かを買う時に、ビットコインなどの仮想通貨で払えるようになったらもっと便利になりますね。

そうなるのも、もう時間の問題だと思います。

1年後には、世の中ががらっと変わっていても不思議はありません。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<


⇒ LINEグループに今すぐ参加する