⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

2017年は仮想通貨元年と呼ばれていて、ビットコインをはじめとする仮想通貨に触れる機会というのが、これまで以上に増えてくると思われます。

それにともなって、仮想通貨への投資についても、今後ますます注目されることになるでしょう。

今後は、仮想通貨の購入時に消費税がかからなくなり、日本国内においても日本円と同様に「お金」として正式に認められることになります。

また、2017年4月から仮想通貨に関する法律も施行されて、これからは大手企業も続々と参入してくる形となるのではないでしょうか。

そうすると、今まで以上にトレードの市場が活発になったり、新たな投資家たちが仮想通貨市場に参入してきたりと盛り上がっていくかもしれません。

今後、仮想通貨への需要が高まるにつれて、それに関連した投資への需要も高まると思いますが、初心者がいきなり投資をして成功するほど簡単なものではないのは明らかです。

あらかじめ、失敗するパターンを知っておけば、仮想通貨投資をするにあたって成功する確率が高くなるはずなので、今回は仮想通貨投資に関連した、失敗例について見ていきたいと思います。

マイナーコインに投資して損をする

仮想通貨はビットコインの誕生から始まり、今では毎日のように新しい仮想通貨が誕生しているため、正確な数字はわかりませんが、かるく1000種類以上の仮想通貨が存在すると言われています。

その中には、市場公開前のプレセールの段階から注目されるコインもありますし、反対にいつまでたってもまったく注目されないマイナーなコインもあります。

そのコインがどのくらい注目されているものなのか、あらかじめインターネットで調べていれば良いのですが、「これから価格が上がるかもしれない」という確実性がない情報だけに惑わされて、マイナーなコインを購入(両替)してしまうと、そのコインの価値がどんどん下がり続けて損失を被ることになります。

そのコインに多くの人々が注目をし、欲しいと思うような機能などが備わっていなければ、需要が大きくなることはないので、自ずとそのコインの価値は減少していきます。

コインを購入(両替)する際は、あらかじめそのコインがどういったコインなのかは、しっかりと調べておくことが大切です。

事前に確認しておくべき項目としては、以下のものがあります。

  • どのような目的でその仮想通貨が作られたのか?
  • その仮想通貨の総発行数量はどのくらいか?(多すぎると価格が上がりづらい)
  • その仮想通貨を開発したのは誰なのか?(仮想通貨の世界で有名な人が作っているか)
  • どのくらいその仮想通貨は世界で注目されているのか?

 

さらに付け加えると、マイナーコインの売買においては、信用取引ができなくて売りのポジションから入れないということなので、買いポジションを持った後に売り注文を入れて調整するという方法ができません。

そういうわけで、購入(両替)するタイミングはしっかり考えて投資する必要があります。

取引所の破綻により、預けていた仮想通貨を失う

これは、仮想通貨を取り扱う取引所ならではという感じですが、注意をしておかないと自分が当事者になる可能性があるということです。

一番有名なものだと、ご存知の方も多いと思いますが、当時の世界最大の取引所だったマウントゴックスが破綻しましたし、リップルという仮想通貨を取り扱う取引所では、リップルの取引所では当時最も出来高があったリップルトレードジャパンという取引所が破綻しました。

取引所が破綻するということは、預けていた資金が引き出せなくなったり、引き出せたとしても全額引き出せないということになるので、大きな損失が出てしまいます。

仮想通貨を取り扱う取引所では、破綻時に信託保全があるところはないと思われます。

したがって、仮想通貨の保管場所としては、取引所ではなく必ずご自身のウォレットに保管するようにしましょう。

HYIP投資に手を出して、投資金を失う

HYIP投資は、2016年あたりから徐々に注目を浴びはじめてきて、そして2017年に人気が一気に爆発して日本で流行している投資案件の種類となります。

そのHYIP案件に投資をする時、そして配当を受け取る時にビットコインなどの仮想通貨が使われるのですが、ほとんどのHYIP案件は海外の案件となっていて、日本発のHYIP案件はほぼ存在しないと言ってもよいかと思います。

そもそもHYIPって何?

HYIPとは、High Yield Investment Programの頭文字を取ったもので、読み方は「ハイプ」となり、高収益投資プログラムと日本語訳されます。

基本的には、案件を運営する海外の企業に投資をして、その投資額に応じた配当を日利や週利、月利で受け取れるというとてもシンプルなシステムとなっています。

HYIPの特徴としては、まさにその名前のとおり「高収益」という点にあります。

案件によってどのくらい高収益になるかは違いますが、投資額に対して1日あたり0.5%からすごいものだと10%以上の配当が得られるというから驚きです。

しかし、HYIP案件の中には詐欺目的の案件が数多く存在しています。

日利10%超をうたっている案件などは、投資金を集められるだけ集めてすぐ飛んで(持ち逃げして)しまうようなスタンスとして存在しています。

すべての案件がそうとは言い切れませんが、高利率であればあるほどその可能性が高くなります。

ここから、HYIP投資案件の配当の仕組みを説明していきます。

例えば、投資額が10万円とすると、日利3%という案件の場合は1日にもらえる配当は3000円です。

1ヶ月を30日とすると9万円の配当がもらえることになります。

これを月利で計算すると90%、年利なら1080%という驚異的な数字になります。

とりあえず10万円投資すれば1年後には108万円になるわけなので、普通では考えられない世界となっています。

そんなに配当を出してしまったら、その会社は破綻するのではないかと疑問に思うかもしれませんが、HYIP投資案件で投資家から投資金を集めるような企業は90%以上が詐欺目的です。

つまり、ほとんど大多数の企業が半年以内に破綻したり、もしくは、1ヶ月ほどで配当をストップして持ち逃げしたりするので、1年以上継続する案件はほぼありません。

最も悪質な場合だと、最初から配当を一切支払わないという、HYIP案件も存在するようです。

したがって、HYIP投資案件に投資する場合は、必ずその投資先の会社を十分に調べてから判断をした方が良いと思います。

HYIP投資案件の失敗例

具体的な失敗例を以下にあげておきます。

そのHYIP投資案件は、1時間おきになんと4%の配当を自動入金してくれるというものでした。

4X24=96%となるので、たった25時間配当が続けば投資金がすべて返ってくるのです。

26時間以降は、毎時間が給料日状態になるので、本当にとんでもない案件です。

その案件の結末はというと・・・、その情報が入ってきてからわずか10時間程で飛んでしまったということです。

そういうことが日常的に起こっている世界なので、気をつけないと本当に恐ろしいです。。

まとめ

いかがだったでしょうか?

仮想通貨に関連した投資については、まだまだ発展途上なところがあります。

勝ちパターンのような確実な手法などもまだ確立されていないですし、どの仮想通貨が上がりやすいなどの正確な情報も入手しづらく、どの仮想通貨に投資していけば良いかの判断は、仮想通貨に詳しい人に相談するか、インターネット上の少ない情報を徹底的に調べるしかありません。

これから、仮想通貨の投資をしていこうと考えている方は、詐欺案件につかまらないように注意をしつつ、今回記載した失敗例に気をつけて大切な資産を増やしていってください。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<


⇒ LINEグループに今すぐ参加する