⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

なんといっても、価格の上下が激しいビットコイン。

たった1日、数時間でも何千円も下がっている、、、ということもあります。

逆もあり、数時間後には、何千円も増えていた!という嬉しいこともあります。

送金手段として活用されるならば、リアルタイムでの値段を知る必要がありますね。

そのあたりを調べてみました。

ビットコイン価格の変化

ビットコインの始まりは、2008年10月31日にネット上に投稿された論文だとされています。

その投稿者は、「Satoshi Nakamoto(ナカモトサトシ)」を名乗り、日本人なのかさえもわからず、いまだに正体不明とされています。

時代背景としては、リーマンショックがあった後ですね。

※リーマンショック:2008年に起きた、世界金融危機。

2009年1月3日:誕生

「ナカモトサトシ」がビットコインに関する論文をネット上に投稿した2008年10月31日から約2か月後のこと。

ビットコインのブロックチェーンの、最初のブロックが誕生しました。

2009年1月9日:価値ゼロ

ビットコインのバージョン0.1がリリースされました。まだ価値はありません。

この語、2009年1月12日には、世界で初めて、開発者間でのビットコイン送信が行われました。

2009年10月5日:値が付く!0.07円!

その後、10月12日には、ビットコインと法定通貨(米ドル)との交換が初めて行われました。

この時、1BTC=0.9円です。

2010年5月22日:ビットコインでピザを買う 0.2円

ピザ2枚(約25ドル)を、1万BTCで購入できました。これが実店舗での初めてのビットコイン決済だといわれています。

1万ビットコインって、今だと、1BTC=10万円と少なく見積もっても、10億円??

キャー!どんだけ高級なピザやねん!

ピザ屋さん、そのビットコインはどうされたのかしら。気になりますね、、、

2010年7月11日:0.7円

コンピューター系ニュースを取り扱う電子掲示板でビットコインが取り上げられ、多くの方に知られる

ここから徐々に値を上げていき、

2011年6月12日:最初のビットコインバブル 1489円!

メディアに注目されて、一気にビットコイン価格があがりました。

初めて値段がついた、0.07円のときから比較すると、2万倍になっています!

1万円分持っていたとしたら、2億円???

タイムマシーンが欲しいですね。。

その後、上下しながらも

2013年3月16日:4597円

キプロス危機により、ビットコイン価格が上昇しました。キプロスという国において、「キプロス国内の銀行が閉鎖される」など、法定通貨(ユーロ)への信用が下がり、両替対象としてビットコインが注目されたことがきっかけとされています。

そしてさらに

2013年10月1日:13,356円

アメリカで違法薬物取引をしていた闇サイトの運営者が、逮捕されました。

このニュースをきっかけに、「匿名で送金できる!?」「送金が瞬時にできる?」「送金手数料がかからない??」などと、話題になり、知名度があがりました。

2013年12月:123,100円

日本では、2013年12月にはいって、初めてNHKで特集が組まれました。

この時点で、123,100円を記録しました。当初の120万倍以上ですね。

と時期を同じくして、中国政府が金融機関によるビットコイン取引を禁止し、

一気に価値をさげることになりました。

2014年2月24日:18,280円

有名なマウントゴックス事件がありました。一気に値をさげました。

しかしその後も、10万円台になかな到達しないですが、新たに取引所ができたりと、ビットコインへの取り組みは進みました。

2017年1月5日:10万円台まで回復

年明け順調に価値をあげてきましたが、相変わらず日々の上下はあり、

2017年3月10日に、ドルベースで2013年以来の高値を付けました。

145,790円です。

このように、大きくみても、価格の変動は激しく、日々刻々と変動しています。

これは為替通貨の価格変動とはケタが違いまして、たった1日で数万円の差がでることもあります。

よって、安いときにかって、高くなったら売る。

その差額を利益としている方にとっては、非常に夢があることですし、

逆もしかりですね。

リアルタイムでビットコイン価格がわかるアプリ

もっとも見やすい&使いやすい、

リアルタイムでのビットコイン価格を知ることができるアプリは、その名も、「XE Currency」です。

Google Play などの、アプリ検索から、検索をしてみてください。出てきます。

170種類以上の通貨へ変換可能

このアプリでは、世界中の代表的な通貨は勿論のことですが、170種類以上もの通貨への変換が可能なのです。

各国の法定通貨の中に、なんと、仮想通貨であるビットコインが存在しているのです。

しかも、軸となる通貨は自由に変えられますから、本当にとても便利ですし、今後の利用度は、広がるばかりだと感じています。

例えば

「いま1ビットコイン、何円かな?」

「いま1ビットコイン、何ドルかな?」

と、ビットコインを軸に、各国の通貨でいくらになるのか?がわかります。

そして、

「1万円は、何ビットコインかな?」

「1万円は、何ドルかな?」

というのもわかります。

つまり、ビットコイン絡んでいなくても使えますから、非常に活用できる範囲が広いですよね。

海外旅行先でも使える、とても便利ツールです。

1分に1回、価格改定が行われている。

スマートフォンをお持ちの方は、いますぐにアプリをダウンロードされて、確認されるといいですね。

そのほうが理解が早いと思います。

こちらのアプリでは、右上のほうに

「更新:2017年〇月〇日 〇〇:〇〇(時間)」が記載されています。

そして、←左上のほうに、0:45とか、数字がでてきて、1秒ごとに、カウントダウンされていっています。

つまり、60秒に1回、価格が改訂されているのです。

よって、ほぼリアルタイムでの、その通貨の値段がわかるようになっている、ということですね。

勿論、これは取引所ではありませんから、この価格で売買できますよ、というものではありませんので、ご注意くださいね!

活用方法

では、このアプリはどういったときに有効的につかえるでしょうか?

これは例えば、どなたかに

「10万円分のビットコインを送金する」となったとしますね。

しかし、ビットコインの相場は日々刻々と変化しています。むしろ、数時間で値段が大きく変化することは、多々あることです。

自分は、10万円分のビットコインを送ったつもりだけれど、相手が確認したときには、価格が変わっていて、「10万円に満たない、不足しています」となることも。。。

これは困りますね。

よって、例えば送金する際に、xeアプリを開いて、値段を確認して、かつ、その時のレートを証拠になるように、キャプチャーでとっておくとか、パソコンの場合は、スクリーンショットをとって、保存するとか、送金先に、画像も送信する、といった使い方もできますね♪

そうなると、金額のトラブルは回避できますね。

または、海外旅行中に異国の方と知り合い、ビットコインを知らない方だったとする。

その時に、その方の国の通貨に変換してみせて、コミュニケーションツールとして使うのも、ひとつですね。

是非ご活用くださいヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

まとめ

ビットコインは、価格の上下は激しくあるものの、長期的な視点では、価値をあげてくると思うので、「買ったときより安くなった!早めに売らなくては!」などと焦ることなく、保有されているといいと思います。

社会は動きだしていて、つい先日も、家電量販店大手のビックカメラがビットコイン決済を導入したことが日経新聞でも取り上げられました。

インターネットショッピングの神ともいえる、Amazonにおいては、米国ではすでに、ビットコイン決済を取り入れているのですから、日本Amazonが導入するのも、時間の問題だと思います。

そうなるとどうでしょう!注目があつまり、欲しいという方が増える。

仮想通貨の構造上、欲しいというひとがふえるほど、価値があがります。

今からでも全然遅くないですよ。

将来的に、1BTCが20万~30万円くらいになる、と予想されている方もいます。

1BTC=10万円以上だから、高くて買えない~。。。と言わずに、0.1BTCや0.01BTCという単位でも買える(両替できる)のですから、手にされてくださいね。

これから、2020年東京オリンピックに向けて、ますますインフラ整備が進むはずです、

今後の価値上昇に期待しましょう!

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<


⇒ LINEグループに今すぐ参加する