⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

仮想通貨は、2009年のビットコインが始まりだといわれています。

まだまだ7年という、歴史の浅いもので、国としての取り組みは、ここ2年くらいのものです。

仮想通貨に興味を持つ方の多くは、投資目的だと思います。

投資で資産を増やすには、優良な情報が必要ですね。

今日は、仮想通貨投資に必須ともいえる、チャートについてまとめてみました。

仮想通貨のチャートとは?

取引所や、FXなどで利益を狙おうとしたとき、何を頼りにしてトレード(売買取引)をするか?

①直感

これは、競馬初心者の方が、馬の名前がなんだかよさそうだから♪という理由で馬券を買うように、

「なんとなく上がりそうな気がするから♪」という、「感覚」「直感」です。

もろもろ分析をした上での「直感」とは違い、ただの直感です。

勿論、直感が働いて利益を生むこともあるでしょう。

しかしそれは継続性がなく、ただのギャンブルになりますから、あまりいい方法ではないと感じます。

②情報を集めて、分析

これは、非常に重要でかつ、いまならばこの方法で、仮想通貨で利益を生み出すことは可能であるとおもいます。これは、仮想通貨がまだまだ世の中に浸透しているとは言えない、初期段階だから可能なことなのかな?とも思います。

どういうことか?というと、例えば、

2017年4月に入って、大手家電量販店のビックカメラが「ビットコイン決済を開始」したと、ヤフーニュースや、日経新聞にも取り上げられていましたが、これは非常にビットコインを持つ人間としては、うれしいニュースです。

クレジットカード会社の、ライフカードがポイントをビットコインに交換できるサービスを始めたり、米国アマゾンではすでにビットコイン決済ができるので、日本アマゾンでもそろそろかな?と予想してみたり。

その後、ビットコインの価格は相変わらず上下しているものの、下がっても、「またそのうち上がってくるでしょうね」と思えます。

不安になるべからず!と言えます。

日本のメガバンクのトップがリップルについて前向きな発言をしているとなれば、リップルを買っておこうとか、そういう判断ができますね。

情報を取り入れて、分析して、あとは自己判断となりますが、優良な情報を収集しておくことは非常に!非常に!重要なことだと思います。

メルマガ登録などをして、情報収集ツールを活用されることをおすすめします。

③チャート分析

チャートというのは、「過去の値動き」をグラフにしたものです。

株価や、外国為替市場の為替レートをチャートにしたものを、投資しているひとは活用されていますね。

企業の動向や、各国の経済動向を見たうえで、チャートも確認してトレードをするのでしょうね、投資家の方は。

中には、企業や経済の動向を見ずに、チャート分析のみで投資をされている方もいるようです。

「こういう価格変動パターンの時は、このあと上がる!下がる!」というのがわかるらしく、、、

素晴らしい才能ですよね~ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

情報収集力&情報整理力&分析力のたまものですよね。

いずれにせよ、一日にしてならずです。

仮想通貨に関しては、まだまだ歴史が浅く、ユーザーも株やFX投資家にくらべれば少ないので、ちょっとしたことで価格がまだまだ大きく変動します。

1日で何万円も変わることもあります。よって、チャート分析だけで投資判断をするのは、難しいのかなーと、個人的には思います。

チャートは、情報のひとつとして、見る習慣を持っておくといいと思います。

チャートをみて、

「今日は、ビットコインが急に下落したけれど、何があったのかな?」と疑問を抱き、調べてみる。

逆もしかりで、

「今日のイーサリアム、急に値上がりしたけれど、何があったのかな?」と、調べてみる。

そこで理由がわかったら、そこで得た情報は、非常に今後の投資判断材料に有効なものになるでしょう!

きっと、この積み重ねが大切なんだと思います。

繰り返していくことで、情報を集めるクセがつく。知識が増える。

結果、仮想通貨への投資家としての自分が育つ!ですね!

アプリとは?

ソフトフェア

正式には、「アプリケーション」と呼ばれるもので、ゲームやメール・音楽プレイヤーといったOS上で動く、「ソフトウェア」のことを意味します。

OSとは、

Operation System(オペレーティング・システム)の略で、直訳すると「案内システム」となります。

スマートフォン用のOSには大きく分けて、iPhone用の「iOS」(アイオーエス)と、その他の「Android」(アンドロイド)に分かれています。

iOS(アイオーエス)

アップル社が開発したモバイル向けのOS。iPhone(アイフォン)・iPod touch(アイポッドタッチ)・iPad(アイパッド)・Apple TV(アップルティービー)に組み込まれています。


iOS用のアプリはApp Store(アップストア)経由で公開されていて、アップルの「厳しい審査」を受けたものだけが販売を許可されています。

Android(アンドロイド)

google社が開発したライセンスフリーのOSです。Androidのスマホを使うには、必ずGoogleのG-mailへの登録が必要となっています。

以前、iPhone一色だったスマホ市場に新しい風を吹き込み、ドコモやauに採用されることでスマートフォンの普及を後押ししました。

「iPhoneは高いから・・・」と、価格の面からか、特にiPhoneにこだわる必要のない方たちは、今まで携帯電話の延長として、Androidを使っている人が多いようですね。iPhoneよりもシェアを広げていますが、一方で、利用者の個人情報を無断で収集しているという問題も上がっています。

仮想通貨のチャートを見るアプリ

チャートのアプリはたくさん存在しています。

相場ですから、どのアプリを利用しても、表示される価格は同じです。

よって、ご自身のスマホにあるアプリ検索ツール、iPhoneならば「APP Store」、Androidスマホならば「Google Playストア」から「ビットコイン 相場」「イーサリアム 相場」などと検索してみて、自分が「見やすい」と思えるものを、使うのが一番いいと思います。

私自身のお話をすると、私は以下のアプリを使っています。(Androidです)

COIN CAP

これは、仮想通貨の時価総額ランキングを知ることができます。

そして、それぞれの通貨をクリックすると、その通貨のチャートを見ることができます。

1通貨単位の値段もわかる(ドル表示)ので、目を通すようにしています。

Coincheck

Coincheckという取引所のアプリですが、とても見やすくて気に入っています。

また、Coincheckは取り扱い通貨が幅広く、現時点で、このアプリで一度に

BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、ETC(イーサリアムクラシック)、LSK(リスク)、FCT(ファクトム)、XMR(モネロ)、REP(オーガー)、XRP(リップル)、ZEC(ジェイキャッシュ)の9種類もの仮想通貨のチャートを見ることができます。

仮想通貨投資には、スピードも大切ですが、このアプリはチャートとしての機能は勿論、

瞬時に簡単に仮想通貨売買ができるので、非常に気に入っています!お勧めです。

xe Currency

これはチャートとは違うのですが、お勧めアプリとして、ご紹介です。

とても便利です。

世界各国の通貨を扱っているのですが、例えば、知人に500ドルを日本円で送金したい。

日本円にすると、いくら?というのが瞬時にわかります。

結構マイナーな通貨にも対応しています。インドルピーとか、チリペソ、モロッコディルハムとか、使う予定もなさそな通貨まで( ´艸`)

この世界各国の通貨の中に、なんとビットコインがあるのです。

ですから、5万円分のビットコインを送りたい。何BTCかな?というのが瞬時にわかります。

これはとても便利ですよ!ぜひ活用されてみてください!

まとめ

チャートアプリはたくさん存在しますし、今後も増え続けることが予想されます。

大切なことは、自分が使う上で「使いやすいのか」という点だと思います。

書店で大量にならぶ参考書から選ぶ時と同様だと思います。

どんなアプリなのか、クリックして、サンプル画像をみて「見やすい」と感じたら、ダウンロードしてみる。使ってみて、「いまいち・・・」と感じたら、他のを使ってみる。

特にアプリは、無料のものがほとんどですから、気軽に使ってみるといいと思います!

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<


⇒ LINEグループに今すぐ参加する