⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

リップルコインは今後何倍になる?

暗号通貨(仮想通貨)、株、それぞれの通貨などの今後の未来については神のみぞ知る領域ではあると思いますが、大胆に予想して参ります。

はじめにリップルコイン(Ripple coin)とは

ビットコイン(Bitcoin)とは?!

暗号通貨をご存知の方であれば知らない方はいらっしゃらないと思います。

リップルコイン(Ripple coin)?!

知らない方もいらっしゃるかも知れませんね(^^)

リップルコイン(Ripple coin)の説明からさせて頂きます。

開発会社について

リップルコイン(Ripple coin)の開発元であるリップル社(Ripple, Inc.)があります。

所在地は、アメリカのサンフランシスコにある会社です。

サンフランシスコのフィナンシャル・ディストリクトの市街地にオフィスがあります。

主な業務は金融機関の決済システムを中心に開発しているシステム開発を行っている会社になります。

システム名

リップル(Ripple)という金融システムが存在し、その中でリップルコイン(Ripple coin)が存在し活躍しています。

当然、このリップル(Ripple)である金融システムは、リップル社が開発し運用しメンテナンスを行っています。

開発から運用までを管理している会社ということになります。

リップルコイン(Ripple coin)

仮想通貨(暗号通貨)であるリップルコイン(Ripple coin)についてですが、既に上で記載しましたが、リップル(Ripple)という金融システムの中で使われている暗号通貨(仮想通貨)になります。

日本の取引所でもリップルコイン(Ripple coin)を取り扱っていますので換金可能です。

もちろん、日本円への交換も可能ですね(^^)

実は、リップルコイン(Ripple coin)は正式な名称ではありません。

取引所で見ると、ちょっと紛らわしいですが「REP」があります。

これは違う暗号通貨(仮想通貨)になりますので注意してくださいね(^^)

リップルコイン(Ripple coin)が取引所で表記されているものは「XRP」となります。

お間違えのないように(^^)

ちなみに、暗号通貨(仮想通貨)である「REP」は?

オーガー(auger)と言います。

新時代の暗号通貨として注目されているようですね。

リップルコイン(Ripple coin)特徴

リップルコイン(Ripple coin)だけの特徴があります。

他の暗号通貨(仮想通貨)には、ないものなので説明しておきますね(^^)

ブリッジ機能

ブリッジ機能とは、ブリッジ(橋)の意味から来ています。

つまり、橋渡しをする暗号通貨(仮想通貨)ということになります。

ビットコインのように単一の暗号通貨でなく、リップル内にて、ドルやユーロ、円など法定通貨に交換ができます。

勿論、他の暗号通貨(仮想通貨)であるビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)へ交換することができます。

要するに、リップルコイン(Ripple coin)である「XRP」は中間通貨の役割を果たします。

通貨や仮想通貨の種類に捕われる必要がありません。

承認システム

ビットコイン(Bitcoin)は承認作業においてプルーフ・オブ・ワークが使われています。

それに対して、リップルコイン(Ripple coin)は、独自開発されたコンセンサスシステムを使って承認作業を行います。

この承認システムは、ハッシュ値などを求める計算はしません。

ある特定の承認者達により取引記録の合意が得られた時、新規取引データとして追加する。という仕組みを行っています。

この承認者達をValidatorといいます。

承認者達はネットワークを騙そうとする人間では無いという条件で選ばれています。

身元(名前、住所、生年月日などが明確にしている)がしっかりしているという事です。

合意形成のプロセスでは、5~10秒に1回行われ、複雑な数学計算が不要であるため、承認作業(transaction)は数秒で行うことが可能です。

ちなみに、ビットコイン(Bitcoin)は1取引に対して約10分かかっています。

暗号通貨(仮想通貨)のXRPの位置づけ

世界的に有名な時価総額ランキングにて暗号通貨(仮想通貨)の順番がわかります。

2017年4月17現在

ランク 名前 価格


1 ビットコイン(Bitcoin) $1178.25

2 イーサリアム(Ethereum)$ 48.32

3 リップル(Ripple) $ 0.033116

4 ライトコイン(Litecoin)$ 10.76

5 ダッシュ(Dash) $ 74.58

リップル(Ripple)3位です(^^)

世界ナンバースリーの暗号通貨(仮想通貨)は凄いことです。

出資元は何処なのでしょうか?

リップルコイン(Ripple coin)の出資元はご存知でしょうか?

誰もが知っている、インターネットの世界で超有名な、グーグル(google)社になります。

ちょっと、グーグルの歴史を紐解いて行きましょう。

2人の出会い

1995年、スタンフォード大学の2人の学生から始まりました。

そう、既に有名で兆万長者のラリー ペイジ、サーゲイ ブリンです。

Backrub

数年後、2人は共同経営者となり、寮の部屋を作業場所として、リンクを使用して個々で作ったウェブページで検索エンジンを作成しました。まさに原点です。

この検索エンジンの名前はBackrubという名前でした。

Googleへ

まもなくすると、Backrub は Google(グーグル)という名前に変わり、1の後に0が100個並んだ値を表す「googol」(ゴーゴル)と云う数学用語を変形したものでラリーとサーゲイの「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」という大きな使命にふさわしい名称がつけられたのでした。

Google Inc設立

その後、数年間でGoogle(グーグル)は研究機関だけでなく、シリコンバレーの投資家達に注目を集めるようになり、1998年、サン マイクロシステムズ社の創始者であるアンディ・ベクトルシャイム氏により10万ドルの小切手をラリーとサーゲイに発行しました。

これで Google Inc. が誕生したのです。

初のオフィス(ガレージ)から出発

コレを気に新たに法人組織となり、寮からオフィスへと変わったのです。

カリフォルニア州郊外メンローパークのとあるガレージにて、パソコン数台と卓球台、青いカーペットがあるオフィスから出発したのです。

型にはまらないやり方

レゴで組み上げた初代サーバーから1998年の初めての「Doodle」まで、Google(グーグル)は様々な試みがされ創業当初から型にはまらない形で試行錯誤したのです。

初の「Doodle」でのロゴは棒線画でした。

スタッフ全員がバーニング・マン・フェスティバル参加のため不在なったため、それをサイトの訪問者に伝える手段のロゴが、現在のロゴの始まりだったのです。

会社が急成長

その後、数年でエンジニアの増員、営業チーム発足にて、会社が急成長することになったのです。

Google(グーグル)はガレージでは入りきれなくなり最終的にはカリフォルニア州マウンテンビューの現在の本社(Googleplex)に移転しています。

Google(グーグル)には他社とは全く異なる方法で行動を起こす。という理念があります。

人々が欲しい情報を良質な結果を提供するため、現在も妥協なき検索をGoogle(グーグル)は取っています。

現在、Google(グーグル)は50か国に60,000名を超える従業員が在籍しており、世界中の数十億ものユーザーにユーチューブ(YouTube)、スマートホン(Android)、そしてGoogle(グーグル)検索まで、数百というプロダクトを提供し会社から個人まで利用できることにより利益を出し続けています。

今後も・・・

世の中に役立つためのテクノロジーを構築する。という情熱は、当初の寮の部屋、ガレージ、そして本社に移転しても、高い目標と強い意思は継続しています。

まとめ

リップルコイン(Ripple coin)と出資会社のことはご理解いただけたのではないかと思います。

リップルコイン(Ripple coin)の得意分野であります金融システム。

2017年は暗号通貨(仮想通貨)バブル元年といわれています。

この凄まじい時代の波と、この金融システムが融合したとき、爆発的な事がおこるのではと考えられます。

金融システムが無くなることは永久にないと思いますので・・・

また、このリップルコイン(Ripple coin)の利用において、金融機関の参加が増える一方で、会社の参加も続々と増えています。

今後は、企業間ではなくてはならない必要不可欠になる存在になっていくことは間違いありません。

リップルコイン(Ripple coin)が急激な成長をすると考えられませんが、徐々に価格を上げていくとこは間違いありません。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<


⇒ LINEグループに今すぐ参加する