⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

ビットコインは、仮想通貨(暗号通貨)の基軸通貨であり、不動の、時価総額ランキング1位です。

仮想通貨を初めてみよう、そう思ったらまずはビットコインを手にすることをおすすめします。

仮想通貨の基本となります。

他の仮想通貨に手を出すのは、次の段階になります。

今日は、ビットコインの購入先について触れてみます。

ビットコインをUFJで購入?

結論から言うと、ビットコインをUFJ(三菱東京UFJ銀行)にて購入(両替)することは、できません。

少なくとも、現時点、2017年4月10日時点では、できません。

ビットコインを銀行で購入?

UFJのみならずですが、現時点で日本の銀行でビットコインを購入(厳密には、ビットコインに両替)することはできません。

ビットコインの購入(両替)は、ビットコイン取引所でとなります。

代表的な取引所としては、

・ビットフライヤー(日本最大手のビットコイン取引所です)

・コインチェック

・ザイフ

などがありますので、ご参考にされてください。

各社それぞれ手数料などに差があります。

ビットコインとUFJの関係

2016年7月のこと。

三菱UFJファイナンシャルグループ(MUFG)が、仮想通貨の管理・決済サービスを提供する米国コインベース社へ数億円を出資し、ビットコイン業界に参入することを、複数のMUFG関係者が明らかにしました。

このことから、

「UFJでビットコインを購入できるようになるのか?」

といったうわさが立つようになったのだと思われます。

この時点で、邦銀ではじめて、仮想通貨取引所へ出資した銀行ということになりました。

コインベース社とは?

2012年設立の米国のビットコイン関連企業。

仮想通貨の口座管理・決済サービスの提供、取引所の運営をしています。

コインベースは2012年にブライアン・アームストロング、フレッド・エアサム両氏が創業した、まだ若い会社ではあるものの、急拡大している会社です。

2013年12月にはシリコンバレーの大手ベンチャー・キャピタル(VC)アンドリーセン・ホロウィッツから2500万ドルの出資を獲得したことで話題になりました。

その前週には、ニューヨーク証券取引所(NYSE)やシティグループの前最高経営責任者(CEO)であるビクラム・パンディット氏から、7500万ドルの支援も受けたと発表しました。非常に期待されていることが明らかですね。

アームストロング氏は、宿泊先検索サイトのエアビーアンドビーの元エンジニアであり、

エアサム氏は、ゴールドマンサックスの元外為トレーダーということです。

2人の技術と、トレードに関する知識、スキルを筆頭に、掛け算となり、ビットコイン関連企業として急成長しているのでしょうね。

UFJの独自の仮想通貨=MUFG

コインベース出資の先には

ビットコイン関連企業である、米国のコインベースに、数億円の出資をしたのにはもちろん理由があります。

国内の銀行はどこも、マイナス金利で本業での利益が圧迫されています。手数料で儲けるのも、インターネットの普及とともに、顧客も賢くなり、なかなか利益を出せないのが現状です。

この先、銀行は吸収合併をして、企業力のない銀行はつぶれていくでしょう。

現状、日本の銀行のシステムは、昔ながらの富士通やIBMによる大規模サーバーにより管理されているのですが、これには保守管理に、物凄いコストがかかっています。

UFJが進めている独自の仮想通貨は、「MUFGコイン」(1MUFG=1円)と言います。

これは、ビットコインと同じく、ブロックチェーン技術をもって管理されています。

ブロックチェーンによって、より低コストで運用できるようになれば、銀行にとっては、何百億円規模の節約になりますから、UFJとしても何としても取り入れたい分野になります。

また、保守管理用のみならず、海外送金に関しても、仮想通貨の技術は有効です。

これまでの海外送金の流れは、顧客から預かったお金を、複数の銀行を経由して送金していたため、銀行を経由するたびに手数料が必要となり、手続きも都度必要なため、2度手間、3度手間となっていました。

ユーザーからすると、時間も手数料も高く取られるため、海外送金は手軽にはできない、壁のあるものでした。

しかし、仮想通貨の技術を利用することで、インターネット環境さえあれば、複数の銀行を経由することもなく、時間的にもコスト的にも、事務手続き的にもメリットが多くなります。

これらの技術も、UFJが欲しいところなのです。

こういったことからも、コインベースに出資し、よりよいMUFGコインの開発・運営につながるのではないかと考えます。

MUFGコインとは

三菱東京UFJ銀行が発行する、独自の仮想通貨「MUFGコイン」は、2017年の秋に、広く一般の利用者向けに発行すると報道されました。

MUFGコインは1コイン1円で交換できるようになります。

この三菱東京UFJ銀行の「MUFGコイン」は、ユーザーが三菱東京UFJ銀行の口座にある預金を、「1コイン1円」の交換レートでコインに交換して、スマホアプリに取り込んで使うことになる予定です。

うーん。。。

ビットコインをはじめとした仮想通貨を少なからず取り扱ってきた身からすると、価格が固定されているというのは、仮想通貨の感じがしないのが正直なところですね。

まず間違いなく、投資対象としての仮想通貨ではありませんね。

「ユーザー同士でコインをやり取りしたり、空港で外貨に換えて引き出すことが想定されています。三菱東京UFJ銀行の既存のサービスよりも手数料が大幅に低下することがメリットとなります。コインを取り込んだスマホをかざすことで、現金を引き出せるATMも導入される方向となっており、2018年春から設置される予定となっている」

とのことです。

うーん。。。

いちいち、円をMUFGコインにするメリットがわからない・・・・・・手間でしかない・・・・

総じて、私の理解としては、これはUFJ側の問題で、円で管理をするよりも、MUFGコインというブロックチェーン技術を活用した独自仮想通貨として管理するほうが、管理コストが安くつく。結果的に、ユーザーにも送金手数料などの面で還元ができる、

ということがメリットになるのかなと思います。

いずれにせよ、銀行は今後どんどんつぶれていくでしょう。

こうした技術投資やインフラ整備ができる、資金力のあるメガバンクのみが生き残る。

メガバンクも、これまでのように手数料収入では生きていけなくなるので、経営コストの削減と同時に、収益源を今とは異なる内容で用意していくのでしょうね。

銀行の在り方が変わる

銀行はお金を貸して、その手数料を収益にしています。

以前に某番組でみたのですが、個人商店むけの貸付についてです。

自転車屋さんを始めたい人がいました。1台30万円くらいする高額な自転車です。

場所を借りること、店舗を改装すること、看板を立てることのみならず、ある程度の商品を店舗に並べたいので、最初にまとまった資金が必要となります。しかし、なかなか個人にお金を貸してくれる銀行はありません。

貸してほしいから銀行に出向くのですが、相手にしてもらえず、万が一、相手にしてくれるとしても、大量の資料をみせて、担当者(つまり、ヒト)がチェックをして・・・・と長い時間と手間がかかります。

このような貸し付け判断を、これまで人がしていたところが、

お金の出し入れを管理するアプリがあって、そのアプリの情報が金融機関に流れます。そして、機械が自動的に、判断し、貸付額などを算出して、顧客に「これくらいならば、貸付できますよ」と自動で連絡が行くようになる、という仕組みでした。

これには、ヒトがかかわっていません。つまり人件費の大幅な削減になります。

銀行の法人担当業務をしていたひとは、職を失うことがイメージできました。

ここに、更に仮想通貨の技術です。

今後の銀行の在り方にも、注目したいです。

まとめ

今回のテーマにありました、「ビットコインはUFJで購入できるのか?」については、できませんが、

ビットコインに使われている、ブロックチェーン技術を使った、MUFGコインという、

UFJの独自通貨は、購入(というか両替ですね)できるようにはなりそうです。

どのように私たちの生活に入ってくるのか、今度の展開が楽しみですね!

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<


⇒ LINEグループに今すぐ参加する