⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

ここ数日、ビットコイン以外の暗号通貨がかなり値上がりしたりで話題になっています。リップルやイーサリアムですね。

それではビットコインはどうでしょう。

今年に入ってから、けっこう上がったり下がったりと、とにかくよく動きます。

果たしてこれからどうなるでしょうか。

今後の展望についてと、まずは仮想通貨、ビットコインについて書いてみたいと思います。

仮想通貨について

2017年になって、ますます仮想通貨、暗号通貨の存在が気になるようになってきましたね。

最近、交流のある方たちは、もうみなさん普通に仮想通貨(暗号通貨)を所有しています。毎日のように話題にもなっていますし、どんどん情報が入ってきます。

でも、世間ではまだまだ知らない人の方が多いかもしれません。

「ビットコイン」とか「仮想通貨」という言葉だけをなんとなく耳にしたことがあるくらいではないでしょうか。

もし何らかのイメージが残っているとしたら、あのマウントゴックス事件ではないでしょうか。マスコミがけっこうネガティブなニュースとして報道していましたから、ビットコインそのものが破たんしたとか、危ないなんて印象を持った人は多いと思います。実は私もその一人でした。よくわかってきて実際に手に入れたのは4カ月くらい前のことです。

しかし、そのイメージは徐々に変わってきているようです。

去年(2016年)には、仮想通貨法もできあがりました。日本でもようやく注目されてきて、国家としても無視できなくなってきているということですね。

実際の通貨である法定通貨の、アメリカドルや、日本円や、ユーロや、中国元などと同様に、ビットコインのような仮想通貨(暗号通貨)も支払いとか決済の手段として利用されるようになってきているのは事実です。

もう一つ、仮想通貨に心配なイメージがあるとしたら、「仮想通貨」という言葉にも原因があるかも。

なんといっても、仮想ってことは、バーチャル、ちゃんとした本物ではないって、意味にとれますから。

でも、日本では仮想通貨と呼ばれていますが、海外では暗号通貨という言葉の方が浸透しています。実際に使われている言葉は「Crypto currency」で、不正に使用されないように暗号化されたデジタルのお金ってことです。日本語に訳すと暗号通貨ですね。

なんで日本では仮想通貨と呼ばれているんでしょうか。

ビットコインとは

さて、いまは700以上もの数があるといわれる暗号通貨(仮想通貨)の中で、最も流通しているのがビットコインです。

信頼度は最も高く、時価総額も一番多くて、いわば暗号通貨(仮想通貨)の中の基軸通貨のようなポジションです。

現金との交換が容易

いまではビットコインはだいぶ普及してきましたので、日本だけでなく世界中にビットコインを扱う取引所があります。現地の通貨である日本円や米ドルなどと交換することが可能です。

金のように価値はあがっていく

金は世の中で量が限られており、希少価値が出るので、需要が増えると価格は上昇します。ビットコインも同じようにあらかじめ発行枚数が決まっているので人々が欲しがれば、金と同様に価格が上がっていきます。

海外へすばやく送金できる

ビットコインを使用すると、海外にお金を送るとき大変便利です。

これまでは海外にお金を送るとしたら、銀行を経由するのが一般的でした。その場合、送ってから向こうにお金が到着するのに、1~2週間くらいかかってました。また銀行で送る手続きをすることができるのは、銀行の営業時間の間のみでした。

ではビットコインを使うとどうなるかといいますと。送ってから届くのにたったの10分くらいしかかかりません。また時間帯に関係なくいつでも送ることができます。

送金の手数料がかなり安い

銀行経由で海外へお金を送ろうとすると、手数料が数千円かかります。これは先進国が送金先の場合です。

これが新興国へだと、送金する金額の20%~40%というかなり高い手数料がとられてしまいます。

ところが、ビットコインを使うと、わずか約10円から200円ぐらいの手数料しかかかりません。

使わない手はありませんよね。

リスクヘッジとしていざという時に役立つ

戦争がおきたり、国家が破たんするようなことがあっても、ビットコイン自体は、国とは関連していませんので、いざという時のリスクヘッジとして役立ちます。

ビットコイン、いままでの流れ

2008~2009年

ナカモトサトシという人がインターネット上で論文を発表して仮想通貨、ビットコインは始まります。世界からプログラマーたちが参加してビットコインの運用がスタートしました。

2010年

フロリダで、世界ではじめてビットコインが商取引に使われます。ピザが10,000ビットコインで販売され話題になりました。

この年ビットコインの価格は、8セントでした。

2011年

ビットコインの価格は上昇。31ドルに上がりました。

2015年

パナマ文書が流出して世間を騒がせました。

資金の避難先として新たにビットコインが注目を浴び、需要が増えます。

2016年

英国のEU離脱や、アメリカ大統領など、世界の市場に大きな影響を与える出来事がおきて、ビットコインの価格も上がりました。

12月28日時点のビットコインの価格は、965.52ドル。

日本円にして約11.3万円まで上昇しました。

アマゾンがビットコイン決済を導入すると

ビットコインは確実に市民権を得て、大手の企業も積極的にビットコインの決済を導入してきてます。特に顧客を世界中で大多数抱えているような大企業が参入してくると、ビットコインの需要は増え、市場規模も大きくなり、価格が上がっていくのは間違いないといえるでしょう。

中でもアマゾンの参入が注目されています。

アマゾンのようなインターネット通販の場合、支払い方法としてポピュラーなのがクレジットカード支払いです。このクレジット支払いの場合、クレジット会社の収入になるクレジット手数料は、実は各小売販売業者が負担しています。

小売業者の規模や、また業種などによって違いもありますが、手数料としてだいたい5%はかかっていて、企業が負担しているのです。

インターネット通販大手のアマゾンの売上高は、約253億6000万ドルとのことですので、クレジット手数料として5%の約12億ドルを負担している計算になります。

これは相当大きな数字ですよね。

だから、アマゾンがもしビットコインを決済方法として導入すると、この5%の約12億ドルのクレジット決済手数料がかからなくなって、利益にまわることになるのです。

あなたがアマゾンの経営者だったら、どうしますか?
ビットコインを導入して利益を増やそうとしませんか?

そして、売上分としての約253億6000万ドルの分もビットコインの市場として広がるのですから、ビットコインの値段はどんどん上がっていくと想像できますね。

ビットコイン今後の展望は?

最初にも書きましたが、英国のEUからの離脱、アメリカの大統領選挙、など世界で大きな出来事がおきてます。また財政破綻のギリシアなど、自分の国の通貨に不安がある人も増えてきてます。

こんな中、資産をビットコインに移して、いざという時のために備えている富裕層も増加してきてます。

また、ビットコインの技術であるブロックチェーンへの期待も高まっての需要も増えてきてます。

2017年、一時的に価格が上昇したりという暗号通貨(仮想通貨)もありますが、やはり仮想通貨の基軸通貨としての位置にあるビットコインが中心を担っていくでしょう。上がって下がって、また上がって下がっての繰り返しがあるものの、大きい流れでは価格は上昇していくのは間違いありません。

先ほど挙げたケースのように、アマゾンが決済手段の一つとしてビットコインを導入すれば、ビットコインの市場は増え、需要も増え、一説によると、価格は30万円に達するだろうという予測もあるようです。

まとめ

ビットコインの基本的な中身から、今後の展望までまとめて書いてみました。

どのジャンルもそうかもしれないですが、最初に出てきて市場をとったものというのは,
やはり強いといえます。

個人的な予想ですが、ビットコインはまだまだ価格は上昇していくだろうと思われます。
みなさんの予想は、はたしてどうでしょうか?

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<


⇒ LINEグループに今すぐ参加する