⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

2017年は仮想通貨元年と呼ばれていて、ビットコインをはじめとする仮想通貨が世の中に急速に広がりを見せていくものと思われます。

その背景には、日本政府が2016年に仮想通貨を「財産的価値がある」ものと認める方針を示したことがあります。

それ以降、2016年5月に改正資金決済法(仮想通貨法)を制定するなど、日本円と同様の通貨としての環境作りが始まっています。

最近では、誰でも知っているような企業がビットコインなどの仮想通貨に次々と参入するようになってきました。

企業だけでなく個人レベルでも仮想通貨、その中でもビットコインを保有する人が増えてきているので、自分もと思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は仮想通貨の基軸通貨であるビットコインを例に、入手方法からビットコイン投資におけるリスクについて、見ていきたいと思います。

ビットコインの入手方法

ビットコインを入手する方法はいくつかありますが、一番簡単なものとしては仮想通貨を取り扱う取引所や販売所にて日本円とビットコインを両替するという方法があります。

イメージとしてはFXや株の取引と似ているので、難しく考える必要はありません。

ここでは、取引所でビットコインを入手する流れを説明していきます。

日本の仮想通貨取引所の代表的なものとして、bitFlyer(ビットフライヤー)というところがあり、主要株主として著名な企業が名を連ねています。

最近では新聞広告などにも掲載されていたりするので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

bitFlyerは、メールアドレス1つでアカウントを開設でき、スタンバイクラスというステータスでサービスを利用することができます。

ただし、スタンバイクラスでは日本円による入出金ができないので、あらかじめビットコインを保有していないと取引ができません。

初めてのビットコイン取引の方はもちろん、日本円による入出金をする予定がある方であれば、プレミアムエコノミークラス以上のステータスにすることをおすすめします。

ビットコインを両替するのにいくら必要?

法定通貨と同様に、仮想通貨のビットコインにもBTCという通貨単位があり、最小取引単位としては0.00000001BTCとなっています。

最小取引単位である0.00000001BTCのことを、別名1Satoshiとも呼ばれます。

その理由は、サトシ・ナカモトを名乗る人物がインターネット上に投稿した論文をもとに、ビットコインが開発されたことから、その名が付いているようです。

今回ご紹介するbitFlyerでは、0.001BTCが最少取引単位となっています。

つまり、2017年3月現在の価格だと、約100円から取引できることになります。

bitFlyerのアカウント開設方法

これからビットコインを扱うために必要となる、アカウント開設の方法をご紹介していきます。

bitFlyerの場合、FX口座や証券口座とほぼ同じとなっていて、ウェブから申し込みをして必要に応じて本人確認書類を提出することになります。

先ほど少し触れましたが、bitFlyerの場合にはいくつかのアカウントクラスが設けられていて、そのステータスごとに取引制限が決まっていて、本人確認の程度も異なってきます。

スタンバイクラス

スタンバイクラスは、最大1BTCしか保有できない入門的なクラスで、しかもビットコインの預け入れしかできません。

お試し用として存在するステータスであり、このままではアカウントを持つ意味がまったくありません。

bitFlyerで最初にアカウントを開設すると、スタンバイクラスから始まります。

メールアドレスの登録のみで取得できるステータスです。

エコノミークラス

エコノミークラスから実際に取引所でビットコインの購入ができるようになります。

ただし、1日の取引量が5万円までに制限されているため、現在のビットコイン相場では1BTCの購入ができないことになります。

エコノミークラスの認証は、Facebookもしくはスマホのショートメールにて、送付されてきたコードを登録することによって完了します。

しかし、エコノミークラスだと日本円での入出金不可と制限されているため、ビットコイン保有者しか取引できません。

これから初めてビットコイン取引をするということであれば、プレミアムエコノミークラス以上にステータスを上げる必要があります。

上位ステータス

さらに上のステータスについてみていくと、プレミアムエコノミークラスは1日の最大取引量が5万円、エグゼクティブエコノミークラスは1日の最大取引量が50万円、ビジネスクラスは1日の最大取引量が500万円と徐々にグレードが上がっていきます。

プレミアムエコノミークラス以上であれば、ほぼ制約なく取引することができます。

プレミアムエコノミークラスは本人確認は不要ですが、銀行口座の認証が必要です。

より上位ステータスである、エグゼクティブエコノミークラスは本人確認資料の提出、ビジネスクラスは本人確認資料と銀行口座の提出が必要です。

ちなみに、本人確認書類の提出の際は、写真付きの証明書とともに本人が写っている画像を提出する必要があります。

提出の作業は、すべてWeb上で完結するようになっているので、証明書をコピーして発送をしたりといった手間はまったくありません。

ビットコインに両替する理由は何なのか?

人々がビットコインに注目をし保有するようになったのは、いくつか理由があります。

発行上限が決まっていて希少性がある

ビットコインにはあらかじめ2100万BTCという発行上限が決められています。

これまでの歴史を振り返ってみても、金やプラチナといった貴金属のように生産量が限られるものには価値がついていきます。

限られたものを手に入れると、何とも言えない満足感のような感情が湧き上がってきますよね。

人々はその希少性に価値を見出す

たとえ希少なものだったとしても、人々がそのものに対して価値を見出さなければ、それはゴミと同じです。

例えて言うならば、1枚のメモ帳に「10,000円」と書いたとしても、それに対して誰も価値を見出すことはありません。

そのため、その自作の「お金」を店頭で使うことは決してできません。

一方、日本円の10,000円札は、発行元である日本銀行が法定通貨としての信用を与えているため、こちらの「紙」は価値を持っていることで様々な取引に利用することができます。

ビットコインについては、データの改ざんができないという高いセキュリティ性によって、その信用を確保しているため、仮想の通貨として取引に利用することができます。

もちろん、それでもビットコインに対して不信感を感じている人達がいるのは事実ですし、その一方で、すでに通貨として利用している人達がいるのもやはり事実としてあるわけなのです。

ビットコインに投資をするリスク

ビットコインの取引に参加して保有をする場合には、いくつかリスクが考えられます。

まったく意図しない損失が発生する可能性

ビットコインの安全性は、ある程度確保されているものの完璧であるわけではないので、なんらかの理由(脆弱性など)により保有しているビットコインを失ってしまうという可能性があります。

法定通貨である紙幣や硬貨とは異なり、ビットコインには発行元が存在しないため、失ってしまった分を誰かが保証してくれるわけではありません。

価格の変動が激しく、急騰や急落の可能性

ビットコインと日本円を両替する場合、変動相場となっているので、他の金融商品と同じく何かイベントが発生すると同期して値動きをするようになります。

例えば、2016年6月24日に行われたイギリスのEU離脱に関する国民投票時には、1BTCが6万円から8万円まで上昇しました。

それから、わずか数日の間に6万円まで値を戻した後に、再度7万円まで上昇しました。

このように、ビットコインは元本割れの可能性がある通貨です。

しかも、他の金融商品に比べると値動きが激しいです。

ちなみに、この国民投票時に価格が上昇したのは、ビットコインが金やプラチナなどの代替商品になりうると人々から考えられているためです。

実店舗でビットコイン決済に対応しているところが少ない

現在は、まだビットコインの普及段階であるため、実店舗の決済手段としてビットコインを利用できないところが大半です。

ただし、この問題については今後解消されていくのではと考えています。

例えば、公共料金である電気代の支払いに、ビットコインを利用することができるといった動きが出てきています。

ビットコイン価格が安いときに調達をしておけば、日本円で支払うよりもお得になる可能性もありますね。

ビットコインに投資をする上での留意点

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、ただ保有するだけでは利息は発生しません。

日本円と両替をすることを考えた時に、日本円に対して値上がりするか、もしくは値下がりするかだけなので、「ビットコインに投資すると利回りがX%になりますよ!」ということはありえない話です。

もし、あなたが配当を謳っているような仮想通貨に魅力を感じて投資をしたいと考えたのであれば、それは詐欺かもしれないということを念頭に置くことが大事になります。

どうしたら良いのかよくわからなければ、国内大手の仮想通貨取引所を利用して、そこで取り扱いのある通貨だけを買うようににしたほうが良いです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

これからますます注目されていくであろうビットコインを保有する場合は、リスクをあらかじめ認識した上でやっていく必要があります。

くれぐれも、前のめりになりすぎて後々後悔することがないよう、十分に気をつけていきましょう。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<


⇒ LINEグループに今すぐ参加する