⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

ビットコインにとって2016年は、大きな転換の時でした。

上昇下降はあったものの、アメリカにおいてトランプ新政権の誕生や、イギリスのEU離脱など、国際市場に大きく影響を与えるような予想もできない事が起こり、価格は大きく上昇しました。

2016年12月28日の時点では、965.52ドル(約11.3万円)。実に前の年の約2倍にまで価格が上がったのです。

ビットコインの保有者や投資家にとっては、この前向きな状況が、はたして2017年にも続くのかどうか、非常に気になるところですね。

今回は、2016年を振り返り、2017年はどうなるか書いていきたいと思います。

2016年(昨年)のビットコインについて

昨年はみなさんもご存知だと思いますが、激動の変動がみられたビットコインでした。

暗号通貨(仮想通貨)の基軸通貨ともいえるビットコインは、世界中に知れ渡ったといえます。

大きく影響を受けた社会情勢として、1つはアメリカ大統領選です。アメリカ初の実業家であるトランプ氏の当選。アメリカ大統領のトランプ氏が当選後、真っ先に行ったのがアメリカの立て直し。アメリカの事を一番に考え、他の国は二の次。この政策は国内外と世間が騒いだことは云うまでもありません。

2つめはイギリスの欧州連合(EU)離脱がありました。ヨーロッパでは衝撃が走りました。

このような出来事により、ビットコインの価格は、大きく揺れ動き、急騰、下降し、人々は一喜一憂したのです。

この年はブロックチェーン技術と、世界でのビットコインへの注目がますます強まってきて日本で法律を改正する出来事になりましたね(^o^)

コインデスクのデータによると、2016年12月28日の時点でのビットコインの時価総額は、最高値の157億1620万ドル(約1兆8315億円)を記録しています。

価格変動についての要因

ネット上に存在するNewsBTC、コインデスクなど数々のビットコイン情報源によると、明るい情報を受けビットコインがさらに値上がりを予感させる声が非常に多い状況です。

2016年の後半で価格上昇の裏に、ブロックチェーンに世界的なあつい注目があり、世界経済の市場での不安要素と暗号通貨(仮想通貨)への認知度が拡散したため等、前向きな情報が提供されていました。

それと、世界最大のビットコイン超大国である中華人民共和国(China)から、自国通貨の元に対する不安を覚える中国投資家が購入する動きがありました。

アメリカ(米)ドルやゴールド(金)などは、社会で安全資産の地位にありますが、ビットコインはこれらに達していませんが、
英国EU離脱、アメリカ大統領選によりトランプ効果においてビットコイン価格が間違いなく高騰したのは事実です。

国内外の政府や大手国際企業によるブロックチェーン投資は、今後更に活発化して行きます。

今は、ビットコインの価格を高騰するため、環境が整ってきており、ますます購入する動きが高まって行くこと間違いありません。

2017年1月12日の価格暴落の要因について

2016年の12月にビットコインの価格はぐんぐんと伸び続け高騰しました。

2017年の1月5日には、ビットコイン史上最高額とも言える日本円で15万円を超えました。

これは、私もビットコインを若干保有しておりますが、歓喜に叫んだものでした。

ビットコイン保有者仲間で、毎日情報交換し、どのくらいまで上がるのかワクワクしたものです。しかし、その日を堺に暴落しました。

一時期13万円まで復活したものの、更に値が下がり続け1月11日には8万円台まで落ちたのです。

この価格が急騰し暴落した要因は一体なにがあったのでしょうか?

ビットコイン保有率の高い中国で何かあったのか?

値が高騰、下落には必ず多くのビットコインの売買があることは云うまでもありません。

一番のビットコイン保有国である中国に何があったのでしょうか?

ネットにて調べると、中国にあるメインバンク、中国人民銀行は1月11日、ビットコインの大手取引所のチェックに着手したと発表がありました。

これは、中国内で不正な為替取引や、マネーロンダリングがないかを調べるためのものです。

中国の資金が海外への流出しないよう食い止めようとした、国策のようです。

このチェックの着手を受けて、中国の保有者たちはビットコインの売買を行い価格が急落したようです。

世界最大の取引量の中国は?

世界でもっともビットコインの取引量が多いのが中国であることは既にご存じだと思います。

中国の富裕層の投資家たちによりビットコインの価格が動いて行っていることは事実です。

人民元が低迷する背景に、ビットコインが購入されているのです。

そのような背景に直結しているため、今後も我々はビットコインを購入・売却したりする場合は中国の動向を気にしておく必要があるのだと思います。

2017年は、特に中国は要注意となります。また、中国の富裕層の投資家たちというより、中国国家がどのようにビットコインに対して行動するかを把握する必要がありますね。

価格も去年の2倍になっていますので、今年一年、値の動きが激しい年になりそうです。

中国の動きを予想

世界で一番ビットコインを保有している、取引している国、中国ですが、まるでビットコインが中国の1国家によって左右されているようにも受け取られます。

アメリカ大統領選後にトランプの政策による影響を受け、人民元が下落し今後を期待されているビットコインが高騰するなど中国は敏感に反応します。

価格変動が大きいビットコインはFXなどで大きく稼ぐことも可能ですが、その時々の状
を見極め行うことが必須になります。

しっかりと動きを見極める力をつけ、中国の動きを予想して行きましょう(^o^)

2017年のビットコインの動向について(専門家による予想)

最も強気な予想は、なんと驚きの

1ビットコイン=¥4,090,000円

です。

(bitFlyer)加納 裕三氏

ビットコインへの投資に新規に参加する企業が増えました。
今後、更に参加企業が増え、加速していくこと間違いありません。

特に、暗号通貨(仮想通貨)のメリットである、海外送金、FXやローンなど利用ケースが増えることでしょう。

2017年末のビットコイン価格は2千ドルと予想しています。

元の低迷、新興国の自国通貨の不安定化、アメリカドル高、消費税の非課税、改正資金決済法の施行など沢山、ビットコインがプラスに働く要因があります。

(GABIの設立者)ダニエル・マスターズ氏

イギリス領であるジャージー島のデジタルアセット投資会社でありますGABIの設立者ダニエル・マスターズ氏は、2017年中に1100ドル(約128、000円)を超え、年末には4400ドル(約513、000円)に価格は高騰すると予想しております。

(Huobi COO)朱 嘉氏

2017年にビットコインが上昇か下落かはまだ不明。

長期的に見るとビットコインは必ず発展していくと考えており、私達の見方は発展することを一貫しています。

将来、暗号通貨(仮想通貨)の基盤技術であるブロックチェーン技術が、ビットコイン価値をより大きく上昇させて行くと思います。

また、そこに至るまで時間が必要であると考え、短期的な上昇を考えることは、楽観視することは、良くないと考えています。

(ANXインターナショナルCEO)ケン・ロー氏

最も強気な予想をしている人物。

香港のANXインターナショナルのケン・ローCEOによると、3万5千ドル(約4、090、000円)。

ここまで一気に高騰を見るのは圧巻です。しかし暗号通貨(仮想通貨)であるビットコインであるがゆえに可能性としてはありうる。と思います。

一方で、この価格は、少し現実味が薄れているという意見もあります。

(Kraken)営業部長 西川 中氏

2017年春に施行される仮想通貨関連法に伴い、デリバティブ取引によるビットコインの取引は、さまざまなサービスが提供されると考えられる。

いままで知らなかった、一般の人たちがビットコインという言葉を耳にする機会が増えて行き、FXでいうところのハイプ・サイクルの黎明期から流行期への移行時期になると考えている。

(スペクトロ・ファイナンスCEO)ヴィタウタス・カラレヴィシャス氏

イギリス仮想通貨ソリューション会社であるスペクトロ・ファイナンスのヴィタウタス・カラレヴィシャスCEOの予想。

1800ドルから1900ドル(約210,000円から222、000円)を予測している。

価格は高騰するが「価格に影響をおよぼすさまざまな要素を考慮に入れていないおおざっぱな予想」と言っており、ビットコインが2017年上半期中にペイパルと肩を並べるようなハイレベルに成長していくと、とても楽観的とも言える仮定を基にしていることが前提であるようです。

(ビットコイン・アソシエーション設立者)アラン・ドナホー氏

現状の価格を維持する予測があります。

アイルランドのビットコイン・アソシエーションの設立者、アラン・ドナホー氏は2016年上旬に発表した情報によると、
2016年から2017年にかけての予想は800ドル(約93、376円)というもの。

現時点での価格から比較すると下落して落ち着くものとなっています。正直、暗号通貨(仮想通貨)の可能性からすると低めとなっていますね。

ビットコイン現実的には・・・

総体的にみると、やはり1000ドル(約116、760円)の予想が、もっとも現実的な印象となっています。

ビットコインの価格は、ちょっとした世界の社会情勢、出来事に影響を受けやすいものは、これまでに見られました。

今後、世界情勢は好転と言うより悪化する一方である見方もあります。理由は、ヨーロッパや一部の新興国を中心に、国家として基盤がゆるみ何時でも崩れんばかりの状況であることです。

しかし、市場には、マイナスの要因ばかりではなく、まだまだビットコインを導入していない小売店がビットコインの決済を導入すれば、またたく間に夜に広がり、瞬く間にビットコインの価格は上昇していくでしょう。

今、一番の注目は、全世界的に有名な大企業であるAmazonアマゾンがビットコインを決済に導入することが決まっていることです。

これは、買い物するユーザーもビットコインに注目し、保有することは必死になってきます。

ビットコインさえあれば、どこの国の商品でも同じ価格で購入が出来るのです。

それも決済は一瞬であり簡単です。

また、インターネットでの世界ですので、忘れてはいけないのがハッキングなどで信用を失うようなことです。

ビットコインをはじめとする暗号通貨(仮想通貨)に悪質な行為で秩序が奪われると、世界的に信用がなくなるばかりでなく、各国において規制される動きが出れば、ビットコイン保有者は売りに転じて価格は急落することにもなりかねませんね。

Amazonアマゾンのメリット

世界的な大手企業の考え方

昨今、暗号通貨(仮想通貨)は大企業が続々と参入してきており、暗号通貨(仮想通貨)の話題・ニュースが身近に増えてきています。

また、ネットニュース、ネット広告でも目にする機会が大幅に増えています。

この動きは、世界的に有名な一流企業(下記参照)

<世界的有名企業>

・Googleグーグル

・ナスダック

・Appleアップル

・Microsoftマイクロソフト

・IBM

<日本企業>

・NTT

・リクルート

・楽天

など、誰もが知っているような大企業が参入することを表明していること自体、ビットコインの価値を認めている理由として納得できますね。

参入理由について

では、なぜ暗号通貨(仮想通貨)が必要なのか?と云うと、最大の理由が送金の手段です。

送金手数料が極わずかで済むこと。これは企業にとって非常に嬉しいことです。

全ての暗号通貨(仮想通貨)の共通する最大のメリットが以下の通り3点です。

・ほぼ0円に近い手数料で送れる。

・どこでも、誰でも、どこの国へも送れる。

・24時間365日いつでも送れる。

手数料の違いでAmazonアマゾンが得る利益

世界中の一流企業が我も我もとビットコインを決済に導入するのはなぜでしょう?

理由は、先ほどあげた送金手段に尽きるところがあります。

一例で、Amazonアマゾンにてショッピングをします。極普通のことですね。

この時に、通常であればクレジットカードで決済し商品購入します。現在は100%そうですよね。

購入者は意識していませんが、クレジットカードで決済した場合、企業が負担する手数料は5%です。

この5%が暗号通貨(仮想通貨)で決済した場合、その手数料はほぼ0になります。

感の良い方は、もうおわかりですね(^o^)

Amazonアマゾンの年間売上高は約253億6000万ドル。といわれています。

その5%は約12億ドルです。

この5%がそのまま利益になるとしたら、企業はどうしますか?
当然「決済にビットコインを導入する。」となりますね(^o^)

Amazonアマゾンがビットコイン決済を導入後のビットコインについて

Amazonアマゾンが、実際にビットコイン決済を導入すると、経済効果について考えてみましょう。

一気に253億6000万ドルの市場規模へ拡大します。
つまり、暗号通貨(仮想通貨)であるビットコインの価格が上昇すると見込まれます。

ある一説に、1BTC=30万円まで上昇する。と云われています。

ビットコイン投資家の方、ビットコイン保有の方、おめでとうございます。

まとめ

この記事では、暗号通貨(仮想通貨)であるビットコインを見る専門家方の情報、世界の大企業にてビットコイン決済の導入された後、ビットコインのメリットだけでなく価格が高騰することが約束されているような情報をお伝えしました。

今後のビットコインの価格について、色々な要因が重なり価格は上下して行くと思いますが、保有する私は非常に楽しみです。

最後までお読み頂きましたこと。ありがとうございました(^o^)

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<


⇒ LINEグループに今すぐ参加する