⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

2016年後半あたりからビットコインの注目が集まるようになり、2017年3月現在、ビットコイン価格が14万円台と半年前から倍以上となっています。

日本にビットコインが広まっていく中で、同じようによく耳にするようになった「HYIP投資」というワードがあります。

「投資」と呼ばれているので運用をするものだと思いますが、「HYIP」って何だっていう人がほとんどではないでしょうか?

そこで今回は、「HYIP投資」について詳しく見ていくとともに、その安全性についても触れていきたいと思います。

HYIP投資って何?

HYIP」とは「High Yield Investment Program」取ったものでの頭文字を、「ハイプ」と読みます。

日本語訳すると、「高収益投資プログラム」と言われています。

銀行に預けていても利息がほとんどつかない今の日本では、経済の先行きも不透明で資産構築には期待が持てません。

そのような状況で、「HYIP投資」は少額資金でも高利回りの配当により、短期間で大きく資産を増やせる可能性があるのです。

案件によっても異なりますが、1日あたり1%〜5%、またはそれ以上の利率で高配当を投資家へ還元しています。

そのため、手持ちの少ない資金でも繰り返し投資していくことで、通常では考えられないような収入を得られる可能性があるのです。

「HYIP投資」案件の運営者は、投資家から集めた資金を下記のような形で運用し、その収益を還元しているものと言われています。

・株式投資

・外貨投資

・高利回りビジネスへの投資

・カジノ、宝くじ、競馬への投資

実際に投資をする場合のリスクとしては、下記のものが挙げられます。

・投資した資金の元本保証なし

・基本的に投資した時点で資金は運営者のものとなるので、配当によって回収していくことになる

・運営側の業績悪化などで突然、消えてなくなることがある

・最初から投資家をダマすつもりの詐欺(SCAM)案件がある

このように、高利回りであることで高収入が期待できるのですが、リスクもかなり高くなります。

預金や債券、株などと比べるとリスクは高いですが、少額でも大きな収入が期待できるのが魅力となっています。

1日あたり、1%以上の配当が発生するので、その案件がなくならない限り残高が増えていくことになります。

さらに、発生した配当を再投資することで、複利効果で投資額の数倍から数十倍になる可能性もありえます。

実際に、数千円の投資金が数百万、数千万と資産を激増させた方や、継続的に高配当をもらっている方がいるのも事実です。

また、MLMとも呼ばれるネットワークビジネスやアフィリエイトなどのように、集客をすることなく自分の資産を増やしていけるのも大きなメリットとなっています。

基本的には手持ちの資金を運用するだけで、不労所得を得ることができるのです。

もちろん、知人などに紹介することで紹介手数料も入ってくるので、紹介が得意な方にとってはプラスアルファーの報酬を得られる可能性があります。

投資をするときに絶対に理解しておくべきこと

「HYIP投資」に限らず、投資をする際にはこれから説明することを絶対に理解しておく必要があります。

これが理解できていないと、「HYIP投資」では大切な資金をムダにする可能性が極めて高くなると考えておいた方が良いでしょう。

余裕資金で投資すること

あくまで投資なので、余裕資金で投資をする必要があります。

最悪のケースも考えて、なくなってしまっても大丈夫なお金で投資をしましょう。

借金地獄となる可能性もありますので、生活資金を投入するようなことは避けてください。

投資はギャンブルではないということを、常に意識しておきましょう。

必ず案件を分散して投資をする

特にビットコインの「HYIP投資」は、運営側が飛ぶことが多いです。

つまり、運営側が集めた資金を持ち逃げしてしまったり、配当金が支払えなくなってしまうことです。

資金の持ち逃げは詐欺みたいなもので、配当金が支払えなくなるのは倒産してしまうようなイメージとなりますが、どちらも投資した資金は戻ってこないため、泣き寝入りするしかありません。

運営先がいずれも海外となるので、訴えたくもどうしようもないというのが正直なところでしょう。

少額投資を複数の案件にしていき、ポートフォリオを組むくことがなにより重要となります。

元本回収を早く行うこと

投資先に飛ばれる前に、元本を回収しておきましょう。

「HYIP投資」の中には、元本を引き出せる案件がありますので、その場合は満期を迎えたら元本は引き出してしまいましょう。

元本を引き出せない減価償却型といわれる「HIYP投資」案件の場合は、基本的に毎日配当が支払われるので、面倒でもこまめに引き出して元本回収を優先させることをおすすめします。

投資する際は自己責任で

「誰かに勧められて参加したら損をした!!」というようなことにならないようにしましょう。

たとえ勧められたとしても、最終的に投資すると決めたのは他の誰でもなく自分なのです。

投資先に飛ばれたとしても、常に自己責任なのでそこに投資した自分が悪いのです。

この考えができないのであれば、投資は控えた方が良いでしょう。

安全にHYIP投資をする方法はある?

ビットコインが広まるようになってから、MLMから派生して日本人も様々な「HYIP投資」を始めるようになってきました。

しかし、説明してきたような「HYIP投資」案件の特徴を理解せずに始めてしまったために、多額の資金をなくしてしまったという方もかなりいるようです。

特にビットコイン関連の「HYIP投資」案件は、ほぼすべて海外にて運営されているため、HPの記載が英語のものばかりです。

日本語表記のものもありますが、自動翻訳されているケースがほとんどなので、案件内容が理解できなかったりします。

そういったことから、わずかな情報だけで「HYIP投資」を始めてしまったり、ネットで書かれている誰かのオススメを鵜呑みにして「HYIP投資」を始めてしまったりすることがほとんどだと思われます。

もしかすると、オススメしていた人の認識不足のために、事実と異なる情報が含まれているというケースもあるかもしれません。

しかし、先ほども説明したように投資は自己責任なので、損をしてしまったとしても正しい知識を持っていなくて判断できなかった自分がすべて悪いのです。

数多くあるビットコイン関連の「HYIP投資」案件の中でも、「短期間で間違いなく破綻する」と断言できる案件が存在します。

少なくとも、そのような「HYIP投資」案件で大切な資金を失わないように、回避方法を理解しておきましょう。

前提条件として、出回っているビットコイン関連の中で95%以上の「HYIP投資」案件は、詐欺か詐欺まがいのもので飛ぶことが前提となっています。

それでは、「HYIP投資」案件では稼げないのかというと、答えは「NO」です。

「HYIP投資」は確かに稼げるもので、私自身も利益を実際に出していますし、100万円の資金を1ヶ月という短期間に400万円まで増やしたという人もいます。

ビットコイン関連の「HYIP投資」案件にはいろいろなものがあります。

ビットコインならではのマイニングや暗号通貨トレード、ブックメーカー投資、海運事業、風力発電など様々あります。

ところが、運営側が実際に案件内容の事業をしているかというと、必ずしもそうではないようです。

そして、その案件内容の真偽については、正直なところ調べきることはできないのです。

そういうことから、「HYIP投資」案件である限り詐欺かもしれないと疑ってかかるべきだと思います。

「HYIP投資」案件は、投資というよりも投機ゲームに近いかもしれません。

この投機ゲームの中で、どうやって利益を上げていくかというのが、「HYIP投資」案件に対する考え方です。

自分が投資した案件が運用している間に継続し続けて、かつ元本および利益を確実に回収していくことが最重要となります。

そう考えていくと、投資先が飛ぶ危険を回避していくためには、まずは明らかに短期間しか続かないと思われる案件は避けていくということが大切になります。

それでは、短期間しか続かないと思われる「HYIP投資」案件の特徴を以下に挙げていきます。

もちろん、すべての案件に当てはまるとは限りませんが、危険度は非常に高いものと考えた方が良いと思います。

・300%、3000%などと異常な高金利をうたっている案件

→運営側はそもそも配当を払うつもりがない

・1時間ごと、数時間ごとに入金があるような案件

→ほぼ100%短期間に飛んでいます

・予告なしに急遽魅力的なキャンペーンを始める案件

→最後に投資家から資金を一気に集めて飛ぶ準備をしている

・最近スタートしたにも関わらず、HPが簡素な作りの案件

→2016年以降、手が込んでいるHPの案件の方が長続きする傾向がある

・海外で運営しているにもかかわらず、日本からの投資者が極端に多い案件

→日本人は英語が苦手なので、狙い撃ちにされている可能性が高いように感じられます

・他の「HYIP投資」案件と同じような作りのHP

→「HYIP投資」案件専用のテンプレートが$200〜$500ほどで販売されている

・運営日数が1ヶ月未満の案件

→一概に長く続いている案件が安全とは言えないが短い案件は判断が難しくなる

これらの条件に当てはまらないからといって、100%安全というわけではありません。

投資の格言にもありますが、投資で一番大事になってくるのは「退場しないこと」です。

つまり、自分の投資資金をすべて失ってしまい、再起不能となってしまっては終わりだということです。

私自分も投資した案件が飛んでしまって、投資資金を失ったこともあります。

しかし、それでもトータルで見てみると利益が得られているのは、投資先が飛ぶ危険をあらかじめ回避しているからだと思っています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

英語が苦手な日本人は、特に危険を見抜くことがどうしても難しくなります。

また、海外の案件だと日本ではありえないようなことであっても、本当にあるんじゃないかと錯覚してしまうことも多々あります。

だからこそ、「HYIP投資」案件を始める際は、これまで説明してきた点に気をつけていただければと思います。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<


⇒ LINEグループに今すぐ参加する